こちら東京・水道橋のテニマガ編集部。
ただいまデスクにて作業中。

ついにありました! 
昭和47年(1970年)の福島インターハイ報告書が。
そして、無事に編集部に届きました(ぱちぱちぱち)。
本当に貴重な資料なので、ていねいに扱わなければなりません。

画像: 昭和47年福島インターハイの「プログラム」ではなく「報告書」。

昭和47年福島インターハイの「プログラム」ではなく「報告書」。

元高体連テニス部部長でいらっしゃった古川先生から
すでに「プログラム」はお借りできていたのですが、
探していたのは「報告書」でした。
なぜ報告書にこだわったかというと、
団体戦登録メンバーの変更が、報告書には反映されているからです。

このアドバイスをくださったのが古川先生でした。
ひとりひとりの思い出を大切にしてあげたい
という思いがそこにはありました。
それから必死の報告書探しです(…ちょっと大げさですね)。

テニマガ600号へ向けたカウントダウン企画第3弾として
「創刊の1970年から昨年までの
インターハイ全37大会分の記録集を作ろう!」
と、編集長が壮大な夢を語ったのが半年前。
ついに完成させるための資料が揃いました!

って、揃っただけでまだできていない。作ってもいない。
喜ぶのはまだ早い。〆切です。たいへんです。がんばります。

最後に探した一冊をお持ちだったのが
高体連テニス部常任委員の大森先生でした。
大森先生は現在、関東地区を受け持つ先生で、
90年代に入ってから現職に就かれたとお聞きしていたので
当初は別の大会資料を探していただいていたのですが
「あとどこがないの?」
「えっと、えっと、1970年の福島です」
「福島? いわきの? 持ってる」
「ひーーーっ」
思わず声を上げてしまいました。

これまで、資料探し、資料ご提供にご協力いただいた
高体連テニス部常任委員のみなさま、専門委員のみなさま、
そしてご相談させていただいた全国の高校テニス部の先生方。
お忙しい中にもかかわらず、
お力添えをいただき心より感謝いたします。
みなさまが我がことのように
必死で資料を探してくださったことに
本当に感謝すると同時に、
この別冊付録製作の意味・重みを感じます。
編集部一同、精一杯取り組みますので
どうぞお楽しみになさってください。

なお、この記録集には
過去37年分のインターハイ出場メンバーの名前が
すべて掲載されます。
団体登録メンバー(監督名、出場選手、および控え選手)、
個人単複出場選手
およそ4万人の名前です。

きっと懐かしい思い出が蘇る一冊になると思います。
多くの方に手にとってほしいと思います。

この情報を、周りにいる元高校生プレーヤーたちに
教えてあげてください。
「次号テニマガに名前が出るよ」と。

ちなみに
1970年の兵庫インターハイに出場した高校3年生は
今年「55歳」です。

(こちらテニマガ編集部、ただいまデスクワーク中)

This article is a sponsored article by
''.