こちら東京・水道橋のテニマガ編集部。
ただいま取材中ではなくデスクにて作業中。

昨日のブログで…
「あれないんだけど、あれ」「あれ知らない?あれ」という、
インターハイ特集にまつわる探し物を
苦労せずに楽して見つけようという態度を
部員A(→わたし)に指摘された編集長は、

「今日は気をつけようっと。また(ぐうたらを)ばらされたら、たまらん」と
一日中、慎重に発言していました。

よろしいですか?

インターハイは、3年後には100年の歴史を数える伝統ある大会です。
ということは、その歴史を我々が振り返るには、
アナログ時代に戻らなければなりません。

だから、まったく整理されていない、
この編集部のぐちゃぐちゃな編集環境も
我慢しなければいけません。そういうものなんです。
(※本心は、誰かー、助けてー、整理してー)

今日はテニスマガジン創刊の1970~2006年までの
37年分の記録以外のデータファイルを作成。
団体戦(1969-1934年)、個人戦(1969-1908年)の
優勝・準優勝リストにとりかかりました。
引っかかったのは、どう掲載したら見やすいだろうということ。
思案した結果、なかなかの形にたどりつきましたよ。

そうしたらもう夜です。

そろそろ帰ることにします。
ウインブルドンが待っていますから。


(編集部A)

This article is a sponsored article by
''.