こちら東京・水道橋のテニマガ編集部。ただいま取材中ではなくデスクにて作業中。

昨日ブログに書いた「インターハイの壁」。もうちょっとで越えられそうです。
方々から励ましのご連絡をいただき、がんばっているところです。
テニス界の連絡網を駆使し、着々とご本人たちに近づいています。
すべてが明らかになった折はご報告しますのでもうちょっと待ってください。
(あれ?これって待っててもらうことだろうか?)

さて、お気づきないかもしれませんのでご連絡します。
マッキー編集長のぐうたらDIARYが再開しました(ぱちぱちぱち)。
どんなにわたし(→編集部A)が更新をお願いしても
(蹴ってやらせようとしていることになっていますが)
いっこうにやる気配がなく、
特にフレンチ・オープン・ブログが大・大・大好評だったため、
「大好評なんだから…」と説得しても、なだめても、蹴ってもダメでした。
パリから帰国→〆切→帰宅→フェードアウトしていました。

しかし昨日、『こちら編集部~』のブログが
びっくりするようなアクセス数をはじき出したのを見て、
『ぐうたら~』が再開したのです。
単純です。「ちっきしょー」ですって。

というわけで、ぜひ見てください。

ちなみに以前、600号記念号の宣伝用ポスターをご紹介しましたが、
そこにも『ぐうたらDIARY』のアドレスを宣伝しているんです。
だからこそちゃんと更新してほしいのに。

でも、そこにはこう注釈をつけておきました。

画像: 編集長のぐうたらDIARY再開!

『ぐうたらDIARY』もぐうたらに更新中。
その通りだ(笑)。今後はみなさんのプッシュが必要かと思います。

(編集部A)

This article is a sponsored article by
''.