こちら東京・水道橋のテニマガ編集部。ただいまデスクにて作業中。

いよいよテニスマガジン9月号「インターハイ特集号」および
別冊付録「インターハイ記録集1970-2006」が発売になりました。
記録集には、およそ4万人の“高校テニスマン”たちの足跡が刻まれています。
(ちなみに1970年に高校3年生だった選手は、現在55歳です)
これはテニスマガジンとしてかつてない試みであり、
また、高校テニス界としてもかつてない、詳細が書かれた記録集ということから、
保存版としてみなさんのお手元においていただきたい一冊です。

さて、作成にあたり、多くの高校テニスの資料に目を通す機会に恵まれました。
その中でも特に強く心に残った資料が
高体連テニス部初代部長でいらっしゃった長谷川寛治先生が書かれた文章です。

きっと書くことがお好きな方だったのでしょう。
インターハイのプログラムから、大会終了後の報告書まで、
そのときどきの思い、出来事、対戦の様子、当時の高校生の傾向まで
幅広い視点からつづっていらっしゃいます。

中でも、我々編集部が探しに探し、ようやく見つけた
昭和47年の福島インターハイのプログラムに書かれた文章は名文でした。
高体連テニス部に掲載許可をいただき
今回の記録集の前書きとして掲載させていただいています。

タイトルは「庭球のよさ」。
ここに高校テニスのモットーがある思いがしました。
一部抜粋のため、全文をご覧いただけないのが残念ですが、
長谷川先生は、当時、高校テニスの代表選手として、海外にチャレンジしていた
佐藤直子さん(当時、学習院女子)の活躍を楽しみにしつつ、
そのほかの高校生諸君に次のメッセージを送っています。

「各高校のテニスコートは世界のあらゆるコートと結びついている。
若い皆さんには洋々たる前途があり、夢がある」と。

この続きが記録集に掲載されています。
高校テニスマンに大事にしてもらいたいモットー、
それはプレーするだけでなく、人としてあるべき姿を
“考える大切さ”がそこに書かれています。

いよいよ夏真っ盛り。学校スポーツの季節に入ります。
7月29日からは、第97回目となる佐賀インターハイが開催されます。
7月28日から全国小学生大会、8月4日から全日本ジュニア、
8月18日から全国中学生大会、9月1日からインカレ(全日本学生選手権大会)と続きます。
昨今、ジュニアプレーヤーから大学生まで大きな問題となっているのがルール違反です。
どうか、勝つために手段を選ばず、相手プレーヤーに対して妨害行為をしたり、
闘志をむき出しに、拳を相手に突き出したりする行為はしないでください。
これらは高校生に限らず、大学生、中学生、小学生においても、問題になっている事例です。
マナー違反ではなく、ルール違反です。
テニスマガジン9月号では、特に目立つ「ルール違反」を取り上げ、
正しい行動についての提案をしています。ぜひご覧ください。

↓写真は過去37年分のインターハイ報告書です。
 高体連テニス部および全国の高校テニス部にご協力をいただき、集まりました。

画像: 庭球は国際的なスポーツである by長谷川寛治先生

ここに高校テニスのモットーがたくさん詰まっていました。
関係者以外見ることのできないものですが、
機会あれば、ぜひご紹介させていただきたいと考えています。

歴史の上に今日があります。

(編集部A)

This article is a sponsored article by
''.