画像: えみちゃんだ! 6月4日、ラジオ「藤島大の楕円球にみる夢」のゲストに。

えみちゃんだ! 6月4日、ラジオ「藤島大の楕円球にみる夢」のゲストに。

182センチ、94キロと堂々とした体格の江見翔太(左)と藤島大さん。
ホットなランナーがやって来た!
6月4日(日)、夜9時30分放送の「藤島大の楕円球にみる夢」には今季サンウルブズで活躍し、この6月のテストシリーズを戦う日本代表スコッドにも入ったWTB/FB江見翔太がゲストとして登場する。
2019年、日本でラグビーのワールドカップが開催される。その舞台に立とうと、スーパーラグビー(SR)のサンウルブズでは若手選手が熾烈なレギュラー争いを繰り広げている。江見は今回、他を少しリードした。
今季からサンウルブズに加入した。高校時代には、ウェリントンでハリケーンズの試合を生観戦したことがあったという。
今年2月25日、ハリケーンズとの開幕戦(東京・秩父宮)、後半にデビューした。憧れの舞台を踏んだ後は、5月27日に東京・秩父宮ラグビー場でおこなわれたチーターズ戦までの全12試合のうち8試合に出場し、うち7試合に先発と大躍進だ。
インドネシア・ジャカルタで生まれた。現地で5歳まで過ごす。高校、大学は学習院でプレーし、大学2年時、7人制日本代表に選ばれ、U20日本代表にも選出された。2013年のワールドカップ・セブンズにも出場した。
大学卒業後はトップリーグのサントリーサンゴリアスに所属。2015-2016年シーズンにはリーグのトライ王となった(7試合で6トライ)。トップリーガーとしては異色の経歴を持つ男は、どのようにして華やかな舞台を踏むにいたったのか――。スポーツライターの藤島大氏が魅力に迫る。
トップリーグのサントリーでの活躍、スーパーラグビーで戦うための強さ、スキル、かけ引きについてもうかがう。サンウルブズで、伸び盛りのイケメン。女性ファンの視線を集める若手のバックスプレーヤーである。
ラジオを聴いて応援しよう!
◆番組の聴き方
【ラジオNIKKEI第1】は、短波ラジオはもちろん、【radiko.jp】のサービスを利用して、パソコンやスマートフォンでも全国無料で放送を聴ける。江見翔太選手のリクエスト曲が聴けるのはオン・エアだけの企画だ。6月11日の夜9時30分から再放送する。
6月5日の午後には、ポッドキャストとオンデマンドで特別版を配信する。

rugby-rp.com

This article is a sponsored article by
''.