こちらテニマガ編集部、ただいまデスクワーク中。

「第2弾をぜひ!」という読者の皆さんの声に応えて、
“トッププレーヤーのサービス写真集”が
今週、金曜日発売のテニスマガジン11月号に入ります。

    ↓これが大好評だった2006年12月号の別冊付録「丸ごと一冊サービス大特集」の中の
     写真集“ザ・サービス”。その第2弾がもうすぐ発売です!

画像: 大好評のサービス特集 第2弾行きます!

この写真集は、トッププレーヤーの一連の動作を、
連続してではなく、あえてバラして並べているところが見所。
そうすることで、サービスのいいプレーヤーの共通点が見えてきます。
ほとんどが同じ動作をしており、
動作の“平均値”が非常に高いことがわかるのです。
そこからサービスの基本を探っていきます。

そして、その写真集の中でも、この人を絶対によく見てください。
(まもなくAIGオープンで来日しますね!)

この写真に何を感じますか?

画像: デュースサイドからのサービス

デュースサイドからのサービス

画像: アドバンテージサイドからのサービス

アドバンテージサイドからのサービス

サービスサイドが違うのに、フォームはほとんど同じ。
これがファーストサービスか、セカンドサービスかはわかりません。
しかし、確かなことは、
フェデラーのサービスの“再現性”が非常に高いということです。
USオープンで撮影したすべてのサービスフォームをチェックしましたが、
同じ角度から撮影したサービスは
ファーストだろうが、セカンドだろうがまったく関係なく、
重ねて見ると一目瞭然、ぴったり重なってしまいます。
びっくりするくらい「同じ」なんです。
これには本当に驚きました。

インパクト点はカメラ性能がまだ追いつかず、
なかなか撮影できない事情がありますが、
その前後のフォームはまるで同じです。

つまりサービスフォームは「ひとつ」であり、
ボールのとらえ方(ラケットの当て方)を微妙に変えて
いくつもの球種を生み出しているということが見えてきます。
このことは、今回のサービス特集の中でも詳しく解説されていますのでぜひご覧ください。

今回も必見! そして保存版ですよ!

(こちらテニマガ編集部)

This article is a sponsored article by
''.