こちらテニマガ編集部、本日発売の11月号“葡萄杯”の続きネタです。

山梨県高体連テニス部主催の“葡萄杯”、
通称グレープカップが終わった翌日の
『夏季強化講習会』も取材しました。
大会開催の地元の利点として、山梨県の高校生を対象に、
大会結果の反省も踏まえた講習会を行いました。
この講習会の講師は元山梨代表の国体選手という堀内監督(亜大テニス部)で、
「サービスをぜひ!」とのリクエストを受けて
みんなでみっちり練習することになったのですが…

その練習のはじめに、思わず笑ってしまう出来事がありました。
これって、よくありがちなんです。

堀内監督がコートに現れたとき、受講する50名程の高校生たちが
何をしていたか、そこがポイントです。

彼らはみんなラリーをしていて、
どこを向いても、ラリー、ラリー、ラリー。
そのうち「集合!」の声がかかって、レッスンが始まるというそのときに、
堀内監督が言いました。「全員ボールを1球持って、ベースラインに並んで」

画像1: “葡萄杯”の続き その1

みんな、なんだ?なんだ?と興味津々で、
ボールを持ってベースラインに並びました。

「その1球はマッチポイントのセカンドサービス。
 サービスボックスに入らなかったら、試合は負け。
 ということで、入らなかったら腕立て伏せ100回。
 よーい、スタート!」と堀内監督。

「えーーーーーーっ」と高校生たちは叫び、
そして、そこから先に見た光景が、まあ、おかしかったこと。
みんな肩をぐるぐる回し始め、素振り、素振り、素振りの光景に。
肩のウォーミングアップができていないわけですから
焦っている様子がありありです。

画像2: “葡萄杯”の続き その1

案の定、ひどい確率でサービスは入りませんでした。
よって…

画像3: “葡萄杯”の続き その1

そのときの堀内監督のお話。
「今日の練習のテーマはサービス。いいね。
 今日の練習では、何をやるにしても、やったかやらなかったより
 できたかできなかったかを意識してやるように。
 できるまでやるという姿勢を持ってやることが
 今日の成果になるから。
 それから君たち…数学の授業を受ける前に社会の教科書を読む?
 (※ガツンッときましたね)
 今日の練習テーマが“ストローク”なら“ストローク”でOK。
 でも今日の練習のテーマは“サーブ”でしょ。
 誰も“サーブ”の練習をやっていなかった。
 “サーブ”の学習をするための予習、準備をしておくことが大事でしょ。
 技術練習も大事、でも、こういう練習のやり方を学ぶこともすごく大事」

画像4: “葡萄杯”の続き その1

我が身も振り返る瞬間でしたね。
なんでも当てはまると思います。
何を学ぶにも、準備が出来ているかどうかで、
その後の学習成果はまるで違うものになります。

そして学ぶ前だけでなく、学んだあとも同じだという話もありました。
サーブを練習したあと、ラリーの練習をするのではなく、
またサービスを「復習する」ことで、それが身につくものになるのです。

という話を聞いてから始まった講習会の様子をご紹介(続く)。

(こちらテニマガ編集部A)

This article is a sponsored article by
''.