こちらテニマガ編集部、昨日、ついに取材できましたっ!

連載・私の履歴書(第64回目)のゲストは「松岡修造さん」(ぱちぱちぱち)。
10月20日(土)発売のテニスマガジン12月号(通算600号記念号)に掲載です。
乞うご期待!

修造さんのテニス人生は、これまでも数多くの書物で紹介されていますが、
今回は、あらためてご本人にその半生を振り返っていただきました。

画像1: 次号、私の履歴書「松岡修造さん]登場!

この“私の履歴書”という連載は、
通常の“プロフィール”紹介のように
主なテニスの戦績を中心に構成するものではなく、
ご本人から見た人生の節目を中心に構成していきます。
あの日、あのとき、あんな出会いがあったから…
あの日、あのとき、あんなことがあったから…
ということを、思い出していただきながら作っていきます。

うぇーーーっ、そうだったんですか。
ひぃーーーっ、そんなことがあったんですか。
なんて言っている間に2時間が過ぎてしまいました。

一番印象的だったことは、
修造さんがいい出会い、いい指導者との出会いをたくさんしていることです。
その中で、彼のテニスの才能は磨かれていきました。
出会いを引き寄せるのも実力ということです。
“選択する才能”が修造さんにあるということだと思います。

そんな点も気にしながら、ぜひ読んでほしいと思います。
次号をどうぞお楽しみに!


さて、ただいま店頭発売中の11月号“私の履歴書”もぜひ読んでください。
ゲストは「飯田藍さん」です。

画像2: 次号、私の履歴書「松岡修造さん]登場!

テニス界では知る人ぞ知る、の名指導者ですが、
そのルーツを知り、あらためて思ったことは
もしも飯田さんがいなかったら…
今の日本のテニスの歴史はがらっと変わっていたでしょう。
ひょうっとすると、あと10年、
日本は世界から遅れたかもしれませんね。

日本から世界へ子供たちを連れて飛び出し、
そして、世界を日本に近づけた人です。
その間、飯田さんのもとを巣立っていった、
選手、指導者の数は数え切れません。
修造さんもそこから巣立っていきました。

両方(11月号、12月号)と続けて読んでいただけたら
なお、テニスの世界が広がりますよ~。

(編集部A)

This article is a sponsored article by
''.