こちらテニマガ編集部、一番聞きたくないニュースが入ってきてしまいました。

残暑もはなはだしい、東京。
午後14時過ぎ、日本テニス協会より、
協会内にて緊急の記者会見が16時からあるとの連絡が入り、行ってきました。

緊急? ひょっとして・・・それだけでわかる人は多いかもしれません。
 
テニスシャツ顔負けの速乾、抗菌、脱臭機能つきシャツを着ていったのに
太刀打ちできない汗が…気分悪・・・
(ちなみに、明日から涼しくなるみたいですけど)

「ロジャー・フェデラー選手がAIGオープンを欠場することになりました」

USオープンで足首を痛めていたこと、
21日から23日まで出場したデビスカップ、ワールドグループ・プレーオフの
対チェコ戦で単複3試合に出場し、極度の疲労に襲われ、
その上、足首の状態も思わしくないことから、
最低10日間のドクターストップがかかったとのことでした。

以下が本人からのコメントです。
「欠場を非常に残念に思います。ディフェンディングチャンピオンとして、
 ふたたび有明コロシアムのファンの前でプレーすることを
 本当に楽しみにしていました。
 USオープンとデビスカップの疲れから、体調が完全に回復していません。
 そのため医師から重篤なケガを予防する意味からも、
 今後は少なくとも10日間は試合に出場すべきではないという
 アドバイスを受けました」

これを受け、日本テニス協会は以下の3選手に出場を要請、
デヴィッド・フェラー(スペイン)
リシャール・ギャスケ(フランス)
ヴィーナス・ウイリアムス(アメリカ)
来日が正式に決定しました。

ヴィーナスは初出場となります。
現在は韓国に遠征中ですが、今回のフェデラー欠場等の状況を理解し、
快諾してくれたとのことでした。

また、30日に予定していたフェデラー対錦織圭選手との公開練習ですが
フェデラーに変わって、フェラーがプレーすることになりました。
詳細はAIGオープンHPにてご確認ください。

AIGオープンは、女子はティア3と小さい大会なのに
そこに来日することになったヴィーナス、
来てくれて、ありがとうっ!


(編集部F)

This article is a sponsored article by
''.