こちらテニマガ編集部、
日本テレビのドラマ“働きマン”(週刊誌編集部が舞台)の次の日の会話。

部員A「昨日おもしろかったねー」
テルテル「菅ちゃん(菅野美穂さん)かわいいですよねー
      でも昨日は疲れ気味で、顔に出ていましたよ」
部員A「編集者の疲れを演出する、そこまでやるとはすばらしいっ!」
マッキー編集長「ああいうかわいくて、きれいな部下いないかなー」
部員A「ああいう背が高くてかっこいいデスク(沢村一樹さん)いないかなー」
テルテル「ですよねー」
マッキー編集長「おれだって、身長ひゃくろくじゅう…うにゅにゅにゅ…あんだからな」
部員A「いや、私が望んでいるのは身長ひゃくはちじゅう…うにゅにゅにゅ…」
テルテル「そうそう、そうそう。あー、編集部きれいにならないかなー」
マッキー編集長「願ったって、ならねーよっ(⇒編集長は超きれい好きで有名)
          君たち、まずは自分の机の周りからきれいにしなさい。
          …ところで、今日はFさんは?(もうひとりの男性部員、元ラガーマン)」
テルテル「今日は例の“メタボ”の取材です」
マッキー編集長「おれも行けばよかった…」

では、仕事します。

(編集部)

[お知らせ] 新刊続々発売!
11月20日(火)『サーブ&ボレーはなぜ消えたのか』(武田薫著/判製/200ページ/760円)
11月21日(水)『テニスマガジン1月号』
12月5日(水)『テニスマガジンextra~トッププレーヤーのベストショット777』(仮題)
       (編集部製作/A4変形判/116ページ/1300円)
詳細は追ってご紹介します!!

[お知らせ] 第2回テニスマガジン公開講座(テキスト『丸ごと一冊サービス』)は定員になり、
ご応募を締切らせていただきました。 ご応募できなかったみなさんは、次回をどうぞお楽しみに。

This article is a sponsored article by
''.