こちらテニマガ編集部、本日、発売になりました!
『テニスマガジン・エクストラ~トッププレーヤー ベストショット777』
(A4変形判/全116ページ/1300円)  ぱちぱちぱちぱち!

画像1: ボブさんと修造さんとビリー隊長が…

↓サービス編

画像2: ボブさんと修造さんとビリー隊長が…

↓スマッシュ編

画像3: ボブさんと修造さんとビリー隊長が…

そして、リターン編、フォアハンド編、バックハンド編、ボレー編
とトッププレーヤーたちのベストショットがずらりと並びます。
それも驚くほど、似た動作が続くんです。
つまり、プレーヤー共通の動作がそこから見えてきます。それが「基本」です。
じっくり見てこそ、なるほど、これが基本か、と納得できる一冊。
テニマガ編集部が自信をもっておすすめします。

さて、すでに2月号の入稿に追われる毎日となっていますが、
理由あって編集部Aはサービス改良に取り組むことになりました。
(その理由と経過は12月21日発売のテニスマガジン2月号に掲載)
毎日10分間の真剣素振り+ビリー隊長のブートキャンプで
肩・腕・腹筋・背筋…を鍛えております。

実は先日、修造チャレンジ・トップジュニアキャンプの取材に行った際
(このレポートも12月21日発売の2月号に掲載)
日本のジュニアたちを指導するため来日していた
世界の名コーチ、ボブ・ブレットさんに松岡修造さんが誕生祝いとして
『ビリーズ・ブートキャンプ』のDVDセットをプレゼントしました。
サプライズの誕生祝いにボブさんは感激し、
さらに以前からずっとほしかったというビリー隊長のDVDセットに
また感激し、ボブさんは目を潤ませたのでした。

画像4: ボブさんと修造さんとビリー隊長が…

また、修造さんのマネージャーSさんによれば、
「修造さんも(ビリー隊長に)はまっていて、
 ホテルでいつもトレーニングをやっているんですよ」
目に浮かびます…

先日は、ある男子プロもブートキャンプにはまっていると話していましたし、
ひょっとするとテニス界でプチブームとなっているのかもしれません。

それにしても、きつい…
「ワン、ツー、スリー、フォー……エイト!」「フーッ!」と
思わず声を張り上げてしまいますが、カラ元気という感じです。
つらいですが、「肩が強くなる!」「あきらめるな!」と
ビリー隊長がこっちを向いて言うし、
今頃、ボブさんも修造さんもどこかでこれをやっているのかと思うと、
さらにあきらめるわけにもいきません。
毎日コートに行くことはとうていできませんから、やれることは家でやる。
追い込むにはこういう厳しいコーチの元が一番、かもしれません。

なぜ追い込まねばならないのか…それは、
実は、マッキー編集長とミックスダブルスに出場し、
1ゲームすべてダブルフォールトという大きな汚点を残した編集部Aは
やるしかないんです。絶対に生まれ変わってやるーっ!
(ちなみにすごい強力助っ人が登場。編集部ならではのコネ。
 サービス・スペシャリスト、堀内昌一・亜大監督に指導をお願い。
 著書の『丸ごと一冊サービス』は熟読・暗記。ばっちり)
ここで成果を上げたら、全国にいるだろう“ダブルフォールト病”の人たちに
勇気を与えるかもしれないのです!
(いや、本当のところはマッキー編集長に
 「サービスが打てるようになったら声をかけてくれる?」と言われたのが
 きっかけなんですけどね)

(編集部A)

This article is a sponsored article by
''.