こちら水道橋のテニマガ編集部、遂にやりました、成功ですっ!
iPodでオーストラリアン・オープンの観戦ができるようになりましたっ!

画像: こちら水道橋、テニマガ編集部

なんとかして通勤3時間を有効活用したいと思っていたんです。
しかし、電子機器に弱いのが問題でした。

部員A「テニスの試合が毎日やっていて、なんとかして全部観たいんです」
電気屋さん「最近はそういうお客様が多いんです。要するに、
      通勤中にそれを観たいというわけですね」
部員A「そうそう、そうそう」
電気屋さん「○×△□………?」
部員A「?」
電気屋さん「「○×△□………??」
部員A「??」「???」
電気屋さん「わかりました、状況は」
部員A「ああ、ありがとうございますっ」

そして、ようやくたどり着きました。
(ありがとう、親切な電気屋さん)

どんなことをやったか、簡単に説明すると……
ハードディスクに録画した試合を
DVDーRに焼き付けてノートパソコン(Mac)へ。
(注:このときディスクが読めなかったのですが
   QuickTimeのMPEG2再生機能をインストールして問題解決)
次に「elgato turbo.264」というハードウェアエンコーダーを使って
iPodで読めるように、ファイルをMPEG2からMPEG4に変換します。
変換が終わったらiPodに移して、終了~

2時間の試合を変換するのに(iPod標準画質で)約30分。
パソコンからiPodに移すのに数分。
画質、音声ともにばっちり。
絶対おすすめです。

(編集部A)

[まもなく発売!] テニスマガジン3月号は21日発売!

[好評発売中]
『トッププレーヤーのベストショット777』(トッププロたちがモデルの技術書)
『テニスなるほどレッスン~丸ごと一冊「サービス」』(指導=堀内昌一)
『サーブ&ボレーヤーはなぜ消えたのか』(著=武田薫)
『ロジャー・フェデラー・パーフェクト・テニスブック』
『福井烈プロの「週末テニス完璧プログラム」』(指導=福井烈)

This article is a sponsored article by
''.