こちらメルボルン、昨日のナイトセッションの
バグダディスxヒューイットの最長試合のニュースはすでに流れていますね。
試合が終わったのはもうまもなく朝という頃。
これに限らず毎晩、午前様の生活で
いつになく、ほんとうにしんどいです……。

でもがんばります、だって、まだ(いや、もう?)1週目ですから!

さて、土曜日は朝から雨でした。
雨男としては面目を果たしているのですが、
外のコートは試合出来ないし、センターコートは屋根が閉まるし
いいことなし。
せっかく訪れた人たちも残念そうでした。
写真ではわかりずらいでしょうが、
かなり降っているのに傘を差さない人が多いのはなぜでしょう。
日本の人ならきっと傘を探すでしょう。わたしなら探します。

画像1: こちらメルボルン、テニマガ編集部 DAY6

そういえばザッと降ってきても、少しするとうそのように晴れ上がり
強烈な太陽が急に顔を出すことがよくあります。
雨が降っているからと日焼け止めを塗らずにうっかりしていると、
あとでひどい火傷になることもしばしばです。
その点、オーストラリアの人たちは心得ているんでしょう。

叱られそうですが……雨の会場内もいいもんです。
うきうき散歩していると、

画像2: こちらメルボルン、テニマガ編集部 DAY6

空いたコートでサッカーに興じる集団発見!
普段ならセキュリティーの大男が飛んできて、強制終了な光景ですが
テニス観戦を急遽ミニサッカー観戦に変えたお客さんもちらほら。
歓声もあがったりして、なんとなく大目にみてもらえたのかも。
ちなみに、この中に選手が2人ほどいるのですが
わかった人は、かなりの通か。

またふらふらしていると、
センターコートの通路で女の子2人発見。
ナイトセッションでヒューイット登場とあって、
夕方からスタンバッているようすでした。
コスチュームの観客がたくさんいる中でも、結構目立っていたので
思わず「撮らせて」とお願いしたら快く応じてくれました。

画像3: こちらメルボルン、テニマガ編集部 DAY6

ここまでやったら情熱、芸術です。
本日はこれにて…

(写真部・タカノ)

This article is a sponsored article by
''.