こちらメルボルン、いよいよ2週目に突入です。
面白い顔ぶれになってきましたね。

さて、今大会はわけあって
(って、新連載がスタートしたからなんですけど)
ナダルの試合に張り付いております。
今まで、こんなにナダルばかり追いかけたことがなかったので
彼のルーティンを覚えてしまいました。

ファンのみなさんならもう知っていることなのかもしれませんが
わたしにとっては「へえ~」「ほお~」と思うことばかり。

ナダルはコートに入ってきてバックをいつものように下ろすと
ペットボトルを2本、これもいつものように
きちんとベンチ前に並べます。きちんとです。
そしてベンチに腰を下ろすと、
オレンジ色のチューブ(ジェル状の何?)を取り出し
チュ~っと一気に吸い込みます。あっぱれです。
あれが何かはわかりません。ごめんなさい。
ナダルがあれを飲むと、わたしは彼が
ドラゴンボールの悟空に変身するように見えます(笑)。
彼がドラゴンボールのファンだと編集部に聞いたせいです。
よく似ている。

ナダルがそんなこんなして悟空に変身している間に、
相手(この日はフランスのマチュー)はネットのところで手持ち無沙汰。

ほらね。

画像1: こちらメルボルン、テニマガ編集部 DAY8

待たせておいて、突然小走りに駆け寄り、やる気まんまんを見せる。
相手はこの感じが嫌だと思いますよ。
わたしならいやです。あんなに元気に近づいて来ないでよ、って。
でもナダルはそれをやらずにはいられないんでしょうね。


さて、試合途中から望遠レンズでずっとナダルの足を追ってみました。
自分でもだんだんマニアックになっていくのを感じます。
すごいんですよ、彼の足の動き。猛烈な速さです。
よくあれだけダッシュを繰り返せると思います。
彼はあの体格ですから猛獣みたいなイメージがありますけど、
足だけ見ていると、意外なことにすごくしなやかに動く足首なんです。
これには感銘を覚えました。実に美しい。


ところで、その足の動きに注目していたらナダルの縁起担ぎを発見。
これもファンの方はご存知なのかもしれないですけど、
こういう写真はなかなか見られないでしょう?

ほら。

画像2: こちらメルボルン、テニマガ編集部 DAY8

ほらほら。

画像3: こちらメルボルン、テニマガ編集部 DAY8

彼は“ラインを踏まない”ようにしているんです。

もちろんポイントが終わった場所や
そのときの感情によってそうはいかないときもあるようですが、
ポイントが始まる前にむやみにコートに入りません。
ベンチから出て行くときも、
サイドラインとサービスラインが交わった、
決まったところから入っていき、
ベースラインのセンターから出て行きます。
(ウインブルドンではサイドラインにそって
 ベースラインまで行ったりすることもあると編集部)。
それから、ポイントが終わってコートに入っているときは、
意識的にベースラインのセンターから出ていくのも見ました。
おもしろい、おもしろい。
とにかくボールが動いているとき以外は、
絶対にラインをまたいでいますね。

シアトルマリナーズのイチロー選手が
スタジアムのベンチから芝生のグラウンドに上がる階段は
決まった足から、と、
テレビのインタビューで話していたのを思い出しました。

厳しい戦いの世界に身を置く選手たちは、
その中で自分でこうとルールを決めて、それを頑なに守る、
選手なりの流儀や行動があるのでしょう…

そんなことを思うとき、
ナダルが記者会見で見せる神経質な表情の中に、
彼のもうひとつの内面を見る気がします。

画像4: こちらメルボルン、テニマガ編集部 DAY8

ナダル連載、ぜひ見てくださいね!
1月21日発売のテニスマガジン3月号から始まりました!
 
(写真部・タカノ)

This article is a sponsored article by
''.