こちらテニマガ編集部、錦織圭プロ(18歳/世界ランキング244位)が
ATPツアーのデルレイビーチ
(インターナショナルシリーズ・賞金総額43万6000ドル/ハードコート)で
予選を勝ち上がって決勝へ進み、
日本時間の今朝行われたその決勝で、なんと、
世界12位のジェームス・ブレーク(同大会第12シード)を
3-6、6-1、6-4のスコアで破ってツアー初優勝を飾りました。

18歳1か月19日でのツアー初優勝は、
レイトン・ヒューイットが1998年に記録した(アデレードで優勝)、
16歳10か月18日の記録以降、この10年間で最年少の優勝となりました。
また、1992年にソウルで、松岡修造さんが
日本人初のツアー優勝を飾って以来の優勝でもあります。
松岡さんは当時、25歳でした。

この優勝を受けて、本日月曜日発表の
錦織プロの世界ランキングは131位までジャンプアップします!
(グランドスラム本戦ストレートインまで、あと少しとなりました)

そんなこんなのビッグニュースがあって
編集部では、予想通り、朝から電話が鳴っています(涙)。
マッキー編集長はTVのニュース報道に引っ張りだこ(?)で、
これから某放送局がやってきますが、
「急には痩せられない」と悩んでいます。

ところで、錦織プロが準決勝に勝った日、
彼と話したという友人Sコーチがおもしろい話を聞かせてくれました。
準決勝のサム・クエリー(アメリカ/62位/第3シード)戦は
4-6、6-2、7-6で勝った錦織プロですが、
ファイナルセットは、タイブレークで3-6と、
マッチポイントを握られていました。
その4つあったマッチポイントをひっくり返しての決勝進出でしたが、
「マッチポイントで、リターンエースを打ってやりました」と言っていたとか…
その心臓と実力にびっくりです…(汗)。

これからおいおい情報が入ってきますので、あとは本誌発売をお楽しみに。
今朝から多数お問い合わせいただいている
「4月号(2月21日発売)に掲載されますか?」というご質問ですが、
残念ながら間に合いませんでした…申し訳ありません。
その代わり、5月号(3月21日発売)にて詳報をお届けします。
どうぞお楽しみに!


さて、テニマガ読者のみなさま、お待たせしました。
第3回テニスマガジン公開講座の開催が決定しました。
講師は、堀内昌一監督(亜細亜大学テニス部)で
テニスマガジンMOOK『丸ごと一冊「サービス」』をテキストにした
サービスレッスンとなります。

↓第1回公開講座の模様はコチラからご覧になれます。

詳細は2月21日(木)発売のテニスマガジン4月号、または、
スポーツクリック
テニスマガジン
を通じてお知らせします。
まずは日程、会場、募集人数、申し込みスタート日のみお知らせします。

期日:4月19日(土) 9時から13時(講義1時間、レッスン3時間)
会場:亜細亜大学日の出校舎テニスコート(ハード&オムニ10面予定)
定員:60名
申込開始日:2月21日(木)
※非常に人気のある講座です。お申込みはお早めに…

(編集部)

This article is a sponsored article by
''.