こちらテニマガ編集部、お待たせしました!
大好評のテニスマガジン公開講座、第4回のテーマが決まりました。

今回のテーマはフォアハンド&バックハンド。
講師には数々のトッププレーヤーのボディケアを担当してきた山下且義トレーナーと、
日本を代表する名プレーヤーである福井烈プロの最強コンビによる、
「ストロークの正しい体の使い方+実践」のレッスンになります。

テニスに限らず、スポーツは
最初に身体の使い方を覚えることがとても大切です。
初めてラケットを握る初心者であればなおさらのこと。
テニスの動きはたいへん複雑であり、
基本的な身体の使い方を知らない初心者がいきなりラケットを握ると、
おそらくはラケットにボールを当てて
相手コートにボールを『入れる』ことばかりに気がいってしまいします。
そのまま小手先でボールを打ち続けてしまうと、
手打ちの癖が抜けずに伸び悩みの原因になってしまうこともあります。

そこで今回の公開講座では、
まずテニスの身体の使い方をきちんと覚えたあとで
ラケットを握って練習するという、新しいスタイルのレッスンを企画しました。

初心者に限らず、すでにテニスを始めている方にとっても有効な練習方法です。
身体の正しい使い方を学べば、テニスが上達するとともに、
テニスを長く楽しむこともできるようになります。
テニスマガジンが自信をもって推薦する最強コンビのレッスンをぜひどうぞ!

●開催要項●
6月15日(日)、亜細亜大学(東京・JR武蔵引田駅より徒歩7分)にて、
9時~10時講義、10時~13時オンコートを予定しています。
講義テキストは、山下且義トレーナーの著書、
『実戦に効くコンディショニングトレーニング』です。

(編集部)

This article is a sponsored article by
''.