画像: DAY9その2シャラポワ逆転負け フレンチ・オープン日記「アン・ドゥ・トロ~ワ」

第1シードのシャラポワが大逆転負け。
第2セットにマッチポイントが2度もあったものの、
そこから追いつかれタイブレークの末落とすと、
第3セットはサフィーナが一気に決めました。
「彼女のマッチポイントでウイナーを決めてから何か変わった気がする。
そこからスピードアップできたので」とサフィーナ。
エナンが引退後に自ら申し出て、ランキングから名前を外してもらったことにより、
このグランドスラムから1位の座についたシャラポワ。
しかし、来週にはその座を明け渡す可能性も出てきました。
「ショックかもしれない。コートでは勝つことしか考えていないけど…」

(「こちらテニマガ編集部F、ただいまパリで取材中)

This article is a sponsored article by
''.