ウィンブルドン第1日目が始まりました。
本日も昨日に引き続いての晴天です。
暑くもなく寒くもなく、心地よい天気の中、
トッププレーヤー達の熱戦が繰り広げられます。

初日のトップバッターはもちろんこの人、
ロジャー・フェデラー!!

今年はなんだかクラシカルな雰囲気で登場です。

画像1: こちらウィンブルドン フォトグラファーOちゃんフォト日記。DAY1

相手はスロバキアのハルバティ。
試合はフェデラーのワンサイドで、6-3,6-2,6-2。
瞬殺でした。
第3セット5-2になったとき、ハルバティがなにやらフェデラーのベンチに歩み寄り、
なんと!!隣に座っちゃったではありませんか!!

画像2: こちらウィンブルドン フォトグラファーOちゃんフォト日記。DAY1

ないやら2人でヒソヒソ話。
これはもしかして!最近の英新聞を賑わせた八百長疑惑か!?
この2人め、センターコート1万5千人のテニスファンの面前で
そんな話をするとは!?なんて、アホな妄想に駆り立てられ
シャッターを押しまくるパパラッチOちゃんであった。

さて、お待ちかね今日のメインイベント。
我が日本男子、錦織vsジケル戦です。
コートに登場、錦織選手です。

画像3: こちらウィンブルドン フォトグラファーOちゃんフォト日記。DAY1
画像4: こちらウィンブルドン フォトグラファーOちゃんフォト日記。DAY1
画像5: こちらウィンブルドン フォトグラファーOちゃんフォト日記。DAY1

力強く、躍動感のあるプレーで第1セットを6-4でゲット。

しかし、痛めていた腹筋に痛みが走ってきてしまい、
残念ながら途中棄権という結果になってしまった。

前回、ジュニアで出場したときよりも1回りも2回りも成長していた錦織選手。
今回は残念な結果になってしまったが、また来年もっと大きくなって
帰ってきてくれるはずである。

詳しいレポートはテニマガ9月号を見てください!

本日の最後は第7シードのナルバンディアンをアっという間に片付けてしまった
カナダのダンシェビッチ(読み方あってるかな?)の勝利の瞬間のお顔でお別れです。
ではまた明日ー。

画像6: こちらウィンブルドン フォトグラファーOちゃんフォト日記。DAY1

(こちらテニマガ編集部カメラマンOちゃん、ただいまウインブルドン取材中)

This article is a sponsored article by
''.