大会7日目。 きょうも天気は晴れ。

今年のウインブルドンは、本当に天気に恵まれています。今のところ・・・
大会の進行はスムーズで、今日は男女シングルスベスト16の試合が
きっちり消化されました。

女子の試合ではヤンコビッチがタナスガーンに敗れるという波乱もありましたが、
なんといっても、ギャスケvsマレーの試合がすごかった。

センターコートはもちろん満員ですが、名物ヘンマン・ヒルもいっぱいの人があふれていました。
下の写真はヘンマン・ヒル。

画像1: こちらウィンブルドン フォトグラファーOちゃんフォト日記。DAY7

写っていませんが、写真の左手には大型のビジョンがあり、
みんなでそれを見ています。
マレーがポイントを挙げるたびに大きな歓声があがっています。

ヘンマンなき今、イギリスの期待をしょっているマレー。
2セットダウンのサードセット、ギャスケにブレイクされた後、すぐに
ブレイクバック!そこからマレー劇場の始まりでした。

画像2: こちらウィンブルドン フォトグラファーOちゃんフォト日記。DAY7

完全に観客を自分のものにしています。
いつもは静かなセンターコートも、このときばかりはいつもと違います。

チェンジコートの際、観客がウェーブを始めたりします。

画像3: こちらウィンブルドン フォトグラファーOちゃんフォト日記。DAY7

ちょっとわかりづらいかな?ギャスケの前でウェーブやってます。
ギャスケもやりにくかったろう・・・

結局、マレーが2セットダウンの後、3連続でセットを獲り逆転勝利。
終わったのは夜の9時半でした。
もう暗い。

パパラッチOちゃんはとっとと終えて一杯飲みに行きたかったが、
残念ながら編集部の目もあり残って撮影。悲し。

最後に撮ったのがこの写真。

画像4: こちらウィンブルドン フォトグラファーOちゃんフォト日記。DAY7

もう暗いのなんのって。
こんな写真紙面で使うのって???

こういう写真もテニマガ9月号に載って・・・ないと思います。
もっとすばらしいショットをお見せできると思います。お楽しみに!!!

今日の最後のお顔は、今大会復活!か?のサフィン。
かっこいいですよね。斜光がよく似合います。

ではまた明日ー。

画像5: こちらウィンブルドン フォトグラファーOちゃんフォト日記。DAY7

(こちらテニマガ編集部カメラマンOちゃん、ただいまウインブルドン取材中)

This article is a sponsored article by
''.