埼玉・大宮で開催中のインターハイは6日目を終え、
いよいよ明日、最終日(8日)を迎えます。

08埼玉総体  →ライブ画像がご覧になれます。
ケイタイサイト →ライブスコアがご覧になれます。


最終日対戦予定

●男子シングルス決勝
廣田耕作(龍谷3年)対守屋宏紀(湘南工科大附3年)

●男子ダブルス決勝
守屋宏紀/渡辺輝史(湘南工科大学附属3年)対廣田耕作/石井靖晃(龍谷3年)

●女子シングルス決勝
小城千菜美(長尾谷3年)対井上雅(椙山女学園2年)

●女子ダブルス決勝
岩崎舞/坂東未来(栗東3年)対松島美智留/広瀬杏菜(園田学園3年)

 
 チェックポイント! 

 男子は守屋宏紀(3年)に3冠達成(団体・単・複の3種目制覇)の
 チャンスがあります。達成した場合、
 1996年の甲府インターハイで同偉業を遂げた
 岩見亮(渋谷教育学園幕張高/現プロ)以来、
 12年ぶりの快挙となります。
 それを同級生であり、この大会後の9月に行われる、
 USオープンジュニア予選へ高校生代表として派遣される予定の
 廣田耕作が阻止できるか、
 単複ともに顔を合わせるふたりの戦いに注目です。
 ちなみに、すでに終了している団体戦決勝でも
 エースとして顔を合わせているふたりですが、これは
 6-3、6-1で守屋が勝利を収めています。
 
 一方、女子は同じくUSオープンジュニア予選派遣選手の
 小城千菜美が、高校最後の夏にインターハイ初制覇を目指します。
 春のセンバツでは、個人戦で2連覇している小城ですが、
 夏のインターハイでは、昨年、準優勝にとどまり
 (決勝で奈良くるみ・大阪産業大学附属に敗れる)、
 今回は期するところがあるでしょう。
 その対戦相手の井上雅は、2年生での全国初タイトルをかけて戦います。
 春のセンバツの準決勝で、明日の対戦相手である小城に敗れており、
 雪辱を目指すこちらの戦いにも注目です。


(編集部)

This article is a sponsored article by
''.