画像1: 5時間14分

「持ち味の攻めに徹して、
世界最高のディフェンシブプレーヤーを沈めてみたい」とベルダスコ。
ナダルの52本に対して95本のウイナーは、
「セカンドサービスを勝負した結果」

もちろん、アンフォーストエラーはナダルの25に対して76。
ベルダスコはこの日4本のダブルフォールトのうち、最終ゲームに2本。
一方、そのときレシーバーだったナダルは、
0-40とした時点で涙がこぼれ落ちたそうです。

ひとつ悔やむのは、
「中途半端にネットに出ると、ナダルの餌食になる」
とコーチから助言されていたこと。
「パッシングショットはわかっていたけど、見事にやられた」

全豪史上最長試合は、記憶に残る試合でした。

画像2: 5時間14分

長い試合を予期したか、リンゴ、青リンゴ、バナナなど
多くの食材が並んだベルダスコのシート。


[編集部からお知らせ]

テニスマガジン3月号&トッププレーヤー最新技術写真集、好評発売中!
※女子決勝進出サフィーナ、インタビュー掲載中

This article is a sponsored article by
''.