昨日はひどい目にあいました。
夜の11時に会場を出たときは気配もなかったのに、
ホテルの最寄の地下鉄駅から地上に出るとまさかの土砂降り。
しばし呆然としたあと、ダッシュでホテルに帰りました。
パソコンの入ったカバンが濡れないように抱えながら…。

と、前日の深夜から気配はあったのですが、
3日目は第1試合の途中で突然の豪雨。
ただ、ヤンコビッチ、クズネツォワの女傑ふたりは中断をものともしませんでしたね。

驚きだったのがモンフィス。
左膝の状態はかなり悪いと伝えられていたのですが、
レイノルズに6-2、6-3、6-1。1時間28分で快勝しました。
会見でも膝のことに質問が集中。
「試合の最後にちょっと痛みが走った」とやはり不安は残るようですが、
膝が爆発しなければかなり上まで来てもおかしくない存在。
台風の目になるかもしれません。

今回が最後になる注目のサントロは、セットカウント1-2、第4ゲーム3-5のところでサスペンテッド。
何のスポーツかわからないくらい観衆は沸きに沸いていました。


で、すいません。
お気づきかと思いますが今日は写真がありません。
デジカメの充電池をホテルに置き忘れるという失態!
”穴ぐら”から観れる1番コートでハンチュコワの試合があったんですけど…。
ラザノ相手にサービスで苦しみ完敗しました。
リターンゲームではいきいきしていたものの、
ラザノの弾丸サービスを簡単にはコントロールできず。

ビジュアル系が早々とひとり消えました。


[編集部からのお知らせ]
が今日からスタートです!

テニスマガジン7月号好評発売中!
ナダル&フェデラー&マレーのトップ3を独占インタビュー

錦織圭の書籍(テニスマガジン編)がついに発売!
丸ごと一冊サービス(堀内昌一氏)の書籍(新装改訂版)が6月18日発売!

This article is a sponsored article by
''.