先日の深夜の嵐から、連日、寒い日が続いています。

さて、今日はフェデラーが第2試合に登場。
なのでその前に、早目のお昼をフィリップ・シャトリエのプレス・カフェで取ります。
ここはスタジアムのプレス席から歩いてすぐなので重宝しますし、
いつもけっこう混んでます。

画像1: ロラン・ギャロス DAY5 重いサーフェスにロジャーが苦しむ!

明日はスザンヌ・ランランのプレス用レストランで落ち着いて食べたいです。


で、フェデラー。
皆さんご存知かと思いますが、苦戦しました。
試合後には『A scare for Federer!』なるリリースが出たほど。
“フェデラーを恐怖が襲う”というとこでしょうか。

画像2: ロラン・ギャロス DAY5 重いサーフェスにロジャーが苦しむ!

確かにグランドスラム19回連続でベスト4以上に進出している選手が敗れたら事件ですからね。
相手のアカスソは最高位20位を記録したことがあるとはいえ、現在は45位。
通算成績もフェデラーの3勝0敗だったのですが、
これはすべてハードコートでの対戦。
やはり、クレーでのアルゼンチン勢は侮れませんでした。
ロラン・ギャロスではランキングどおり簡単にはいきません。

フェデラーは「今日の遅いサーフェスは誰にとってもたいへんじゃないかな」とサーフェスについてコメント。
ダブルスの2回戦を戦った杉山も会見で、「ダニエラ(・ハンチュコワ)は『ほとんどボールが飛んでいかないわ!』と嘆いていた」と話していました。
連日の曇天で湿気が影響して、サーフェスが重くなっているのではないかとのことです。

う~ん、取材する方も寒くてしょうがないから明日は晴れてくれないかなあ。

画像3: ロラン・ギャロス DAY5 重いサーフェスにロジャーが苦しむ!

さて、今日はロラン・ギャロス4度制覇のエナンが会見を行いました。
なんでも、ロラン・ギャロスの通りのひとつが『エナン通り』になるのだとか。
今日の正午に落成したようです。
が、そのための会見だったはずなのに、『エナン通り』の話はまったく出てこず。
「大好きなこの場所に戻ってこれたことをとてもうれしく思うわ」と言いつつ、
復帰について聞かれるとひと言、「ノー」。
自身の引退後、ランキング1位がコロコロ入れ替わっていることについて、
「この1年ツアーを追いかけていなかったの。たぶんこれからもランキングは流動的だと思う。でもサフィナにとっては次のステップへ進むときが来ているんじゃないかしら」

This article is a sponsored article by
''.