品切れ中だったテニスマガジンMOOK
『丸ごと一冊「サービス」』(堀内昌一著/ベースボール・マガジン社)が
このたび、書籍『丸ごと一冊サービス』になりました。
どうですか、この厚さ! 
堀内監督(亜細亜大学テニス部)がさらに「サービス」を語りまくり
どーんと240ページ(A5判/1500円+税)、
新ネタもたっぷり盛り込んだ新装改訂版です。

画像: 丸ごと一冊サービス、発売!

裏ネタ……

ワンショットでこのボリュームという本はかつてないと思うんですね。
ところが、堀内監督は先日の打ち合わせ中も、
シャラポワのサービスなんだけど…と新ネタを持ち出し、
担当編集者を泣かせました。
あああ、もっと早くお聞きしたかったです…

そうしましたら監督、
 「しょうがないよ、日々研究だから。
 DVDもあるし。なんなら、パート2に入れようか」
と明るく切り返されてしまいました。
確かにDVDはありますけれども、書籍パート2の話はまだ出ていませんよ…
パート1(?)の売れ行きしだいです…
結局、新ネタはテニスマガジン8月号「フレンチ・オープン特集(6月20日発売)
『シャラポワのサービスが変わった!』」に掲載、
そしてDVDにも…

というわけで、現在、『丸ごと一冊サービス』のDVD版を製作中です。
撮影はすでに終了し、試写会を何度も繰り返し、
ああでもない、いやこうだとやっている最中であります。

このDVD、はっきり言ってすごいです。
『丸ごと~』のファンのみなさんの期待を絶対に裏切らないと思います。
何度打っても入る再現性の高い技術、すなわち
ナチュラルスピンサービスのボール回転がズバリ見られるんです。

担当編集者ははっきりいって感動しました。
だって、今までこんなふうに「ボールが回る」のを見たことがないんですから。

サービスは、ほかのフォアハンドやバックハンドやボレーと違って
動作方向と打球方向がずれているものです。
右利きの場合、動作方向は右斜め上で、打球方向は左斜め下です。
いわゆる「あっち向いて、ホイッ!」がサービスで、
それがその目ではっきりご覧いただけます。

そしてナチュラルスピンサービスを
フラット系、スライス系、スピン系の回転に変化させて、
その回転をみなさん、見たことがあります??? 
ハイスピードカメラって、すごいです。

サービスの運動連鎖(いわゆる体の動かし方)を細かくチェックできるほか、
トスしたボールとラケットがどのようにコンタクトして、
回転がかかっていくのか、その実際もご覧いただけます。

あああ、こうやって、ラケットがボールをとらえて、
回転がかかるのかあああ(涙)、という感じです。


堀内監督~テニスプレーヤーのみなさんへ

  「まず本を開いて、文字を読んで、絵を見て、
  想像力を膨らませてください。そして考えてください。
  テニスは考える力が必要なスポーツです。
  それから映像を見て、やっぱりそうか、そういうことかと、
  いろいろなことを確かめてもらいたいです」

新装改訂版書籍とDVD版はリンクしています。

DVD版は今夏発売予定です。内容ですが、
ナチュラルスピンサービスはどういうものか、
その効果、
そしてどうやったらそれをマスターできるのかをレッスンしています。

どうぞお楽しみに!

視聴コンテンツ配信予定。
しばらくお待ちください。


(編集部A)

This article is a sponsored article by
''.