土曜日は、第8回テニスマガジン公開講座でした〜
定員70名は超満員。下は小学生から上は超ベテランの方まで
老若男女が入り混じって上達を目指した、楽しい一日となりました。

講師は堀内昌一・亜細亜大学テニス部監督、
アシスタントは森稔詞コーチならびに亜大テニス部の学生さんが務めてくれ、
『サービス』をみっちり練習しました。

画像1: 第8回テニマガ公開講座、終了!

全員集合……人数が多いので、左右に分けてご紹介しますね。

画像2: 第8回テニマガ公開講座、終了!
画像3: 第8回テニマガ公開講座、終了!

では、今回の公開講座を振り返ってみましょう。
朝は9時から1時間の講義。これが大事なんです。
しかも参加者のみなさんの参加条件は、
テキスト「丸ごと一冊サービス」をよく読んで予習してくること。
ちょっとハードルが高いと感じる公開講座かもしれませんが、
この予習によって、この日の理解度がまるで変わってきます。
今回の参加者のみなさんももちろん予習済み! 
子供たちもばっちりやってきてくれました。

画像4: 第8回テニマガ公開講座、終了!

↑これは何をしているところかと言うと…
 堀内監督に「サービスのテークバック」を習ったところです。

画像5: 第8回テニマガ公開講座、終了!

トスアップの方向、そして、テークバックのポジションはどこか、
正しいサービスイメージを頭に描くこと。
正しいサービス動作(体の使い方)をすると、
トスアップは「右斜め前から横方向」、テークバックは「顔の前」になります。


ところが、動作よりも「フォーム」をイメージしてしまう人、それも、
トスアップは「ネット方向」、テークバックは「頭の後ろ」と、
間違ったサービスイメージを思い描いてプレーしている方も少なくありません。
それが正しい動作の邪魔をしないように、
講義で正しいサービスイメージをインプットしました。

画像6: 第8回テニマガ公開講座、終了!

大事なポイントはメモします。

画像7: 第8回テニマガ公開講座、終了!
画像8: 第8回テニマガ公開講座、終了!

この写真は、まもなく発売予定(8月)の
「丸ごとサービス/DVD」のワンカットです。
実はまだ製作中ですが、今回の公開講座で特別にその一部を披露。
テキストでは表現しきれない
「ナチュラルスピンサービス」の全体像を見ていただきました。
これで正しいサービスイメージはばっちり!
※このDVDの発売に関する情報は追ってこのブログに掲載します。
 もうしばらくお待ちください。

続きまして、10時からはオンコートレッスンです。
ここから3時間の練習です!


ところで、次の3枚の写真を順番に見てみましょう。

     ↓ベースラインからサービスエリアを見ると…

画像9: 第8回テニマガ公開講座、終了!

 ↓サービスエリアから、
  ボールになった気分でカメラマンがサーバーを見ると…

画像10: 第8回テニマガ公開講座、終了!

↓さらにネットにカバーをかけると…

画像11: 第8回テニマガ公開講座、終了!

いかがですか? 

何が言いたいかというと、サービスエリアにサービスを入れるということは
この写真が示すように、ネットの上を高く越え、
サービスエリアに落ちるボールを打たなければ入らないということです。
つまりボールには回転が必要であり、
どんなサービスもそのスピン(ナチュラルスピン)を
ベースにする必要があるということです。

もう一度、ベースライン付近からサービスエリアを見ている写真を見てください。
そこには、小さな子供たちもたくさん映っています。
ところが、今度は、ネットにカバーをかけた写真を見てみると、
その子供たちの姿がまったく見えません。つまり、ネットの下に子供たちはいます。

ということは、やはりネットの上を高く越えて、サービスエリアに落ちる
ナチュラルスピンサービスを覚えなければ、
サービスはいつまでたっても入らないということです。

「サービスはネットの上からエリアに落とすもの」であることを理解して、
次に進みます。

画像12: 第8回テニマガ公開講座、終了!

今回もいろいろな道具を用いて、正しい運動を覚えていきました。
ここでご紹介するのは楕円球とビーチボールです。

楕円球はサービスに必要な運動を自然な形で覚えさせてくれる
とってもおすすめの練習グッズです。
コンチネンタルグリップで握らなければ、ボールは飛ばせません。
また、体、肩、肘、腕の使い方も連動していないと、
ボールがきれいな回転で飛ばないので
うまくボールが飛ばないときは、どこかが間違っていると、気づくことができます。

ロケットフットボールを使って正しい運動を覚えます。

画像13: 第8回テニマガ公開講座、終了!

これはミニフットボール。

画像14: 第8回テニマガ公開講座、終了!
画像15: 第8回テニマガ公開講座、終了!

正しい運動は、肩、肘、腕が続けて回っていきます。
     特に、この写真にあるように
     最後まで「腕が回る」運動をすることがとても大事。

     こちらはセラバンドをフェンスに結んで、
     テークバックからフォワードスイングへの切り返し練習です。
     このあとボールを投げると、肩がよく回ってボールが飛ぶ、飛ぶ!

画像16: 第8回テニマガ公開講座、終了!

大量に買ったスイカ……
すいかビーチボール登場。便利なサービス習得グッズ。

画像17: 第8回テニマガ公開講座、終了!

正しい運動ができるようになってきたら、
     その運動をサービスに置き換えます。
     すいかビーチボールは、
     ボールの飛び方や回転を確認できるので、とても重宝。
     この公開講座ではたびたび登場しています。
     夏本番となり、ようやくたくさん買うことができました。
     堀内監督、大喜びでした。
     しかし、ひと言付け加えたいのですが…
     冬の公開講座で、これをうん十個探すのは大変なんですよ by編集部     

     ↓ナチュラルスピンサービスの動作方向は右斜め上。腕を回し続けると、
      ボールにナチュラルスピンがかかって、
      まるで地球儀が空中で回るような回転を見せて放物線を描き、
      その後、左斜め下(サービスエリアの方向)に飛んでいきます。

画像18: 第8回テニマガ公開講座、終了!

ナイスサービス!

画像19: 第8回テニマガ公開講座、終了!

↓ただし、これはいけません。

画像20: 第8回テニマガ公開講座、終了!

グリップが厚く、体が正面を向いて打つサービスは
動作方向が前になるので、ボールに回転がかかりません。
アンダースピンをかけることはできるのですが、
それはパワーもスピードもなく、回転量のコントロールもできない、
これ以上の上達が望めないサービスと言えるでしょう。  

画像21: 第8回テニマガ公開講座、終了!

ナチュラルスピンサービスは
グリップは、コンチネンタルグリップ。
動作方向は右斜め上です。
最後まで腕を回し続けるとナチュラルスピンがかかります。
堀内監督の帽子のつばを見るとよくわかりますが、
顔は動作方向である右斜め上に残してフォロースルー。
これが正しいサービスの終わりの運動です。

練習の最後に、
学生コーチのみなさんがナチュラルスピンサービスを見せてくれました。
回転を少なめにしたフラット系サービスや回転を多めにしたスピン系サービスと、
いずれもナチュラルスピンサービスという、ひとつの打法をベースに
アレンジを加えたサービスを披露してくれました。

画像22: 第8回テニマガ公開講座、終了!

それにしてもいいフォーム〜

サービス打法はひとつの基本打法をしっかり覚えれば
あとでいくらでも応用が利きます。
そのひとつの打法をがんばって覚えましょう! 
目指すはナチュラルスピンサービスです!

ぜひ勉強してください、堀内監督が指導するナチュラルスピンサービスを。
丸ごと一冊サービス好評発売中!

この公開講座は今後も継続する予定です。

次回のテニスマガジン公開講座「テーマ/サービス」は、
10月中旬ないしは11月中旬を予定しています。
詳細は本誌またはこのブログでお知らせします。

なお、この公開講座のレポートは
8月21日発売のテニスマガジン10月号に掲載します。
参加者の中から数名に、モデルとしてご登場いただく予定です。お楽しみに!

[テニスマガジン編集部] テニスマガジン9月号、好評発売中!


          目次および一部写真が見られます↓ 

画像23: 第8回テニマガ公開講座、終了!

(こちらテニマガ編集部カメラマンOちゃん、ただいまウインブルドン取材中)

This article is a sponsored article by
''.