画像: 13年ぶりの日本戦勝利目指すルーマニア FW強力、BKは外国出身者多数

13年ぶりの日本戦勝利目指すルーマニア FW強力、BKは外国出身者多数

あす土曜日、6月10日に熊本・えがお健康スタジアムで日本代表と対戦するルーマニア代表は、ヨーロッパの中堅国が競う今年の大会(ラグビーヨーロッパ・インターナショナルチャンピオンシップ)で長年のライバルであるジョージア代表に競り勝ち、7年ぶりに優勝した難敵だ。ウェールズ出身の指導者、リン・ハウァルズ ヘッドコーチのもとで力をつけ、2015年のワールドカップではカナダ代表を下し、イタリア代表相手にも健闘した。現在の世界ランキングは16位(日本は11位)。
主将は72キャップを持ち、フランスのコロミエに所属するミハイ・マコヴェイで、スピードと激しさを持ち味とするこのリーダーはNO8で日本戦に先発予定だ。FWは、同じくフランスでプレーするPRイオネル・バディウ、HOオタール・トゥラシュヴィリ、PRアンドレイ・ウルサケなどを擁し、スクラムを武器とする。リザーブのPRアレクサンドル・ツァルシュはプレミアシップ(イングランド最高峰リーグ)のセール・シャークスと2年契約を結んだばかりの選手で、控えも充実している。
ハーフ団は経験豊か。SOフロリン・ヴライクはワールドカップ3大会(2007、2011、2015年)に出場してルーマニア代表史上最多の101キャップを誇り、テストマッチ819得点は世界でも歴代11位の記録である。
外国出身選手も多く、先発のLOヨハネス・ファンヒールデンは南アフリカ生まれ。CTBのシオネ・ファカオシレアとポーラ・キニキニラウ、WTBフォノヴァイ・タンギマナはトンガ出身のパワフルランナーで、11番をつけるジャック・コブデンはイングランド出身。リザーブのSO/FBルーク・サモアはニュージーランド生まれで今年2月に代表デビューしたばかりの新戦力である。
日本代表とルーマニア代表はこれまで5回対戦し、日本の4勝1敗。前回は2014年11月にブカレストでテストマッチをおこない、この試合も日本が勝ったものの18-13と接戦だった。ルーマニアは13年ぶりの日本戦勝利を目指す。
<ルーマニア代表(対 日本代表戦) 試合登録メンバー>
1.イオネル・バディウ 2.オタール・トゥラシュヴィリ 3.アンドレイ・ウルサケ 4.ヨハネス・ファンヒールデン 5.マリウス・アントネスク 6.アンドレイ・ゴルチオアイア 7.ヴィオレル・ルカチ 8.ミハイ・マコヴェイ(主将) 9.フロリン・スルジウ 10.フロリン・ヴライク 11.ジャック・コブデン 12.シオネ・ファカオシレア 13.ポーラ・キニキニラウ 14.フォノヴァイ・タンギマナ 15.サビン・ストラティラ
〔リザーブ〕
16.アンドレイ・ラドイ 17.コンスタンティン・プリスタヴィツァ 18.アレクサンドル・ツァルシュ 19.ヴァレンティン・ポパルラン 20.ヴラド・ニストル 21.トゥドレル・ブラトゥ 22.ルーク・サモア 23.イオヌツ・ドュミトゥル
▼ルーマニア代表来日メンバー(画像をクリックすると大きく表示されます)

rugby-rp.com

This article is a sponsored article by
''.