毎週水曜発売(一部地域はことなります)の週刊プロレスの内容、見どころを発売一日前の火曜に紹介します。

今週号の表紙は新日本6・11大阪城ホール大会からケニー・オメガとのIWGP戦で60分フルタイムの死闘を闘い抜いたオカダ・カズチカです。同大会は巻頭カラー23ページで大特集。オカダvsケニーは9ページ、内藤vs棚橋のIWGPインターコンチは6ページと通常以上のボリュームで札止め大熱狂となった当日の興奮を誌面で再現。

全日本6・11後楽園大会は三冠ヘビー級王者・石川修司がジェイク・リーを下して初防衛に成功。同大会ではほかにも諏訪魔vs宮原健斗、世界タッグ、TAJIRI久々参戦など好カード目白押し。こちらのリポートも注目です。

もうひとつの6・11、博多ではドラゴンゲートのシングルリーグ戦「KING OF GATE」の決勝戦がおこなわれ、T-Hawkが土井成樹を破り見事に初優勝。ドラゲーマットに新たな流れからも目が離せません。

中カラーではスターダムを退団し、海外に新天地を求める宝城カイリを特集。特写&インタビューではこれまでとこれからについて赤裸々に語ります。企画ものではプロレスラーの肉体の秘密に迫る「プロレス★ボディーの作り方」の第3回に遠藤哲哉(DDT)が登場。キレキレボディーの特写とともに、体とトレーニングへのこだわりを聞いています。

そのほかの試合では大日本・札幌、FMW新宿、W-1後楽園、スターダム新木場、仙女・札幌ほか注目大会を追跡。水曜日発売(一部地域では発売日は異なります)。

詳しくは以下のサイトを参照してください。

wp.bbm-mobile.com/sp2/default.asp

This article is a sponsored article by
''.