画像: 【1987年6月13日】“鉄人”広島・衣笠祥雄が2131試合連続出場

【1987年6月13日】“鉄人”広島・衣笠祥雄が2131試合連続出場

記念の花輪を手にし、観客の大声援に応える衣笠
プロ野球の歴史の中で、日付にこだわって「その日に何があったのか」紹介していく。今回は6月13日だ。
今年、現阪神監督・金本知憲(広島─阪神)が持つ1766試合を抜き、歴代単独2位の連続試合出場記録を達成した阪神・鳥谷敬。しかし、歴代1位2215試合への道はまだまだ遠い。
1987年6月13日は、この記録保持者である広島の衣笠祥雄が、当時のメジャー記録だったルー・ゲーリッグ(ヤンキース)の2130試合を抜き、2131試合の世界新記録を樹立した日だ。
衣笠は65年に平安高から広島入団。当初は捕手で、背番号は28だった。のち頑丈な体に加え、この28が人気漫画『鉄人28号』を想起させたことで「鉄人」の異名を取り、さらに頑丈な選手たちの代名詞となっていくのだから面白い。68年に一塁手としてレギュラー定着、75年からサードにコンバート、背番号ものち永久欠番となる3となった。
記録は、70年10月19日の巨人戦から、この日の中日戦(広島市民)まで足かけ18年。その間、数え切れないほどのケガ、そしてスランプもあったが、すべてを乗り越えての大記録だった。
セレモニーで「野球の神様に感謝します」と語った衣笠。同年6月22日には中曽根康弘首相から野球界では巨人・王貞治に次ぐ国民栄誉賞を授与され、記録は87年10月22日、自身の引退まで2215試合続いた。
写真=BBM

column.sp.baseball.findfriends.jp

This article is a sponsored article by
''.