勝ったときが一番楽しいし、やりがいは感じる。勝つことはもちろん、勝ち続けることが重要

今年の全日本シングルス4強は、昨年と同じ顔触れだった。兄の雄太をはじめ、決勝を戦った長江光一、昨年王者の増田健人と、全員がナショナルチームでプレーする仲間であり、ライバルでもある。互いに手の内を知る相手との対戦にやりづら [...]

www.softtennis-mag.com

This article is a sponsored article by
''.