画像: クリープハイプ&STUTS『NO SWALLOWS, NO LIFE.』/カルチャー方面から支援されるスワローズが羨ましい。

クリープハイプ&STUTS『NO SWALLOWS, NO LIFE.』/カルチャー方面から支援されるスワローズが羨ましい。

タワーレコード限定シングルとして発売されている
2017年野球音楽界・最大の話題作である。
クリープハイプとは、本誌にも何度か登場している、スワローズファンの尾崎世界観がボーカルのロックバンド。映画『君の名は。』で名を馳せたRADWIMPSと並ぶ、日本の今のバンドシーンの雄である。
ただし、音作り自体はロックというより、どちらかと言えば、しっとりとしたダンスチューンである。このあたりは、今人気のトラックメーカー=STUTSのテイストだろう。
そして、歌詞の内容はと言えば、スワローズの歌というより、神宮球場の歌。歌詞カードには大きく神宮球場の写真がフィーチャーされているし、また歌詞に「傘を開いて」や、さらには「花の都の真ん中」というフレーズまである(ちなみに、このCDのカップリングは何と『東京音頭』)。
実はこの前、「水道橋博士のメルマ旬報」というメルマガ用に、尾崎世界観氏と対談をさせていただいた。若いロッカーにして野球ファンというのは、最近少ないと思うのだが、そういう稀有な存在の1人だった。過去のスワローズの選手では、田中浩康や馬場敏史が好きだったというから渋い。
また、この曲は、スポーツライター・長谷川晶一の新刊『いつも、気づけば神宮に』(集英社)を読みながら聴きたい音楽でもある。
それにしても尾崎世界観や長谷川晶一、さらには村上春樹など、カルチャー方面から支援され、音楽や本で関連作品が生まれていくスワローズはとても羨ましい。マリーンズファンの音楽家やライターはいないものか。私だけだと多勢に無勢、何とも心細い。
文=スージー鈴木(野球文化評論家)

column.sp.baseball.findfriends.jp

This article is a sponsored article by
''.