画像: 【三菱重工相模原ダイナボアーズフェスタ】100キロの肉料理を食べつくせ!

【三菱重工相模原ダイナボアーズフェスタ】100キロの肉料理を食べつくせ!

神奈川県相模原市に本拠地を置き、今季はトップチャレンジリーグで戦う三菱重工相模原ダイナボアーズ。地域活性化や青少年育成のためのフェスタを毎年実施しているが、今年は6月24日に三菱重工相模原グラウンドにてファンイベントの「三菱重工相模原ダイナボアーズフェスタ2017」を開催することになった。当日は、13時から栗田工業ウォーターガッシュとの試合がおこなわれ、16時からフェスタが始まる。
今回の目玉のひとつが、「100キロの肉料理を食べつくせ!」。先着1500名様にスペイン産の熟成豚が無料提供されることに。これは毎年行列が絶えない名物イベントで、今年はスペイン産の熟成豚をダイナミックに調理して、16時の開演以降無料提供される。なお、試合終了後、テントでお肉無料券付きのプログラム(1人1枚必要)を先着1500人に配布されるので、行列対策も万全だという。
また、宴の終わりの19時頃には相模原の夜空を彩る満開の花火が打ち上がる予定。ひと足早い夏気分を味わえるかもしれない。強風時、雨天時は中止の可能性もある。その他にも、選手たちによるラグビーデモンストレーション、ものまねショー、ラグビー体験コーナー、キッズチアコンテスト、子ども向け縁日、飲食屋台なども予定されている。
なお、参加費は無料、中止の場合は前日の12時までにダイナボアーズのHPにて告知される。
■三菱重工相模原グラウンド:神奈川県相模原市中央区田名3000
昨年も盛り上がったダイナボアーズフェスタ

rugby-rp.com

This article is a sponsored article by
''.