画像: 日本代表×アイルランド代表、試合前の両軍動静。

日本代表×アイルランド代表、試合前の両軍動静。

2019年のラグビーワールドカップ日本大会で対戦する日本代表とアイルランド代表が、6月17日、静岡・エコパスタジアムでテストマッチをおこなう。
本番を見据えた現状認識の場に際し、日本代表のジェイミー・ジョセフ ヘッドコーチ(HC)は「プランを遂行してくれればいい戦いができる。それができなければ、苦しい展開になる」と強調する。
対するアイルランド代表は、10日に敵地でおこなったアメリカ代表戦を55-19と圧倒している。12日に来日し、15日から練習再開。16日に会場入りした。背番号6をつけて先発予定のリース・ラドック主将は、やや蒸し暑い気候や日本代表のプレースタイルを踏まえこう展望する。
「明日も暑いと思いますし、スピードの出る試合展開になるとも感じます。自分たちにとってシリアスなチャレンジであると認識しています。テストマッチのなかでもハードな戦いへ、メンタルの準備をしていく。それができれば、十分に戦える」
これまで14キャップを獲得してきたFLは、マッチアップする日本代表のバックロー陣を警戒。FLのリーチ マイケル、NO8アマナキ・レレイ・マフィの名を挙げ、警戒心をあらわにする。
「リーチ、マフィは日本代表の経験も長く、今回も状態がいいようです。他の日本人の選手も、身体の大きさはないがそのポジションで必要な能力を持っています。きょうまで、彼らへの対策は練らなくてはいけないと考えてきました」
相手に警戒されるリーチが口を開いたのは、15日の県内での練習後だった。この日の全体セッションではハイテンポを貫いたが、ややミスも目立ったか。リーチはその点を暗に認めつつ、こう前を向いた。
「完璧じゃない。ただ、完璧じゃないところを見つけるのが練習だから。明日(16日の練習)は、完璧にします」
10日に熊本・えがお健康スタジアムで開かれたルーマニア代表戦は33-21で勝利も、一時相手にペースを渡している。目指すスタイルをより徹底したいと、気を引き締める。
「自分たちの立てたプラン通りにやり切るのが大事。プラン外のことをすると、いろいろと崩れてしまう。先週の反省は、立てたプラン通りにやっていたけど、少し、立って欲しかったところに人が立っていないところがあったりしたことです。(メンバーチェンジで)新しい人が入ってきた時、クリアだと思っていたところがクリアじゃなかった。そこ(のオペレーション)を変更しながらやっています」
アイルランド代表がブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ(全英&アイルランド連合軍)に11名の選手を供出しているものの、リーチは「相手は11人が抜けていても、代わりに入ってくる人がハングリー精神を持っていると思う。トップチームじゃなくても、決して弱くない」と発す。
相手が顔ぶれに関係なく遂行するチョークタックル(ボール保持者を抱え込む防御)へも「意識づけはしている」。ランナーとサポート役の低さと鋭さを貫きたいとする。ルーマニア代表戦後に「ワールドスタンダードじゃない」と悔やんだモールへの防御については、徐々に修正を施していると言った。
「アイルランド代表はミスが少ない、連続攻撃をしてくるチーム。自分たちはタックルして、立ち上がって、タックルして、立ち上がって...。すると、最終的にはボールを蹴ってくる。蹴られたボールからどうアタックするかも、ポイントになる」
ファン注目の一戦に際し、ジョセフHCは「この暑さのなか、速い展開をすると同時に賢くプレーしなくてはならない。体力の温存も大事」。14時にキックオフの80分は、自分たちとの戦いでもある。
(文:向 風見也)

rugby-rp.com

This article is a sponsored article by
''.