無事にインドから帰ってきました。
成田には朝の7時に着き、編集部には9時前に着。
「まだ誰もいないだろうなー」と思っていたら、
アオキング(編集A)がパソコンの前で固まってました。
あなたがフリーズしてどうする。
デ杯「日本×インド」の結果は、皆さんご存知の通り。
みんなと夕飯も行かず、ホテルの部屋で黙々と、
(ビールを飲みながら)書いたレポートは次号にて。

画像1: ニューデリーから帰ってきやした

さて、この少年は何をしているのでしょうか。
会場のコートに芝をねりこんでいるのです。日本対策?

画像2: ニューデリーから帰ってきやした

さて、どうして道路にらくだのような牛がいるのでしょうか。
それはインドだからです。通り終わるまで待ちます。
今回の収穫は錦織圭のデ杯代表デビューでしょう。
「デ杯はこれからも出場していきたいと思っています」
その瞬間、隣りの竹内映二監督が「よかったあ」と満面の笑み。
インドに来て、一番の笑顔だったかも・・・。

画像3: ニューデリーから帰ってきやした

テニスマガジン6月号は4月21日発売。
技術特集はテニス「たすけてQ&A」。
テクニックはもちろんのことフィジカル、メンタルなどなど、
読者の皆さんから募集した疑問にお答えしています!

(テニスマガジン編集長・マッキーのぐうたらDIARY)

This article is a sponsored article by
''.