4月号(2月21日発売)の入稿作業に追われる中、
京都の島津製作所に足を運んできました。
3月に開催される島津全日本室内テニス選手権大会の取材です。
大会の冠スポンサーを務める島津製作所の所属となった岡本聖子選手へのインタビュー。

画像1: 京都に行ってきました。もちろん日帰りで、の巻

岡本選手と言えば、98年の全日本選手権を思い出します。
彼女は当時、亜細亜大学の3年生ながら決勝進出。
プロ2年目の小畑沙織選手との決勝は第1セット4-4、
しかし、ここで小畑選手が右膝を負傷するアクシデント。
岡本選手にまたとない幸運が訪れたように思えましたが、
逆に気になってしまって、攻め切れず、無念の準優勝――。
あのときの悔しそうな表情が忘れられません。
あれから10年…強く、激しく、いまもしっかりとテニスと向き合っています。

全日本選手権、全日本室内選手権とダブルスでは幾度も優勝している岡本選手ですが、
シングルスは、「実はまだないんですよね」。
大会冠スポンサーの所属となって迎える全日本室内、岡本選手の活躍に期待です。
岡本選手インタビュー&全日本室内情報は4月号のテニスマガジンにて。

画像2: 京都に行ってきました。もちろん日帰りで、の巻

せっかく京都まで来たんだから、ちょっとぶらぶらしようかなあと思ったら、
編集次長Aから、「いつまで取材してんの! 早く帰って来なさいっ!」とメールが。
来ちゃったか…(涙)。夕方の新幹線に飛び乗りました。がんばれ、おれ。

(テニスマガジン編集長・マッキーのぐうたらDIARY)

This article is a sponsored article by
''.