画像: U20ニュージーランドが記録更新で2年ぶりに世界一! 降格はサモア

U20ニュージーランドが記録更新で2年ぶりに世界一! 降格はサモア

20歳以下世代の世界一を決める大会、「ワールドラグビー U20チャンピオンシップ」が5月31日から6月18日にかけてジョージアのトビリシとクタイシで開催され、決勝では、ニュージーランドが連覇を狙ったイングランドを64-17と圧倒し、2年ぶり6回目の優勝を遂げた。
10年の大会歴史において、1チームが1大会(5試合)通算41トライ、決勝で10トライは最多。64得点、47点差という数字も、ニュージーランドが2010年大会でオーストラリア相手に作ったファイナルの記録(62-17)を更新し、強さを際立たせた。
残留・降格がかかった11位・12位決定戦は、アルゼンチンがサモアを53-42で下し、残留を決めている。最下位となったサモアは、来年は下部大会の「ワールドラグビー U20トロフィー」で戦うこととなった。
今年の「ワールドラグビー U20トロフィー」は8月29日から9月10日にかけてウルグアイのモンテビデオで開催され、日本を含む8か国・地域が参加する。
決勝でハットトリックを達成したNZのHOアサフォ・アウムア(Photo: Tamuna Kulumbegashvili / World Rugby)
3位決定戦は南アフリカ(緑)がフランスを下した(Photo: Lasha Kuprashvili/ World Rugby)
スコットランドは豪州を破りチーム史上最高の5位でフィニッシュ(Photo: Levan Verdzeuli / World Rugby)
イタリア(青)対ウェールズは1点差の熱戦となった(Photo: Levan Verdzeuli / World Rugby)
アイルランドに惜敗した開催国ジョージアだが、大会4日目にアルゼンチンを下し10位
(Photo: Tamuna Kulumbegashvili / World Rugby)
奮闘したサモアのロシ・フィリポ主将(右)だが、チームはアルゼンチンに敗れ降格となった
(Photo: Levan Verdzeuli / World Rugby)
<ワールドラグビー U20チャンピオンシップ 2017 最終順位決定戦>
▼決勝
・ニュージーランド 64-17 イングランド
▼3位・4位決定戦
・南アフリカ 37-15 フランス
▼5位・6位決定戦
・スコットランド 24-17 オーストラリア
▼7位・8位決定戦
・ウェールズ 25-24 イタリア
▼9位・10位決定戦
・アイルランド 24-18 ジョージア
▼11位・12位決定戦(残留・降格決定戦)
・アルゼンチン 53-42 サモア

rugby-rp.com

This article is a sponsored article by
''.