画像: J内定選手、直撃シリーズ1 
中野誠也[筑波大/FW]→ジュビロ磐田内定

今シーズンの「J内定1号」となった筑波大の中野はクラブ愛が決め手だった。来季のジュビロ磐田、入団するFWを紹介する。

クラブ愛で迷わずに即決

他の選択肢は頭になかった。「ジュビロで勝負すると決めていましたから」。中学生から育ってきた磐田への「復帰」は念願だった。高校卒業時にトップ昇格できず悔しくて、一時期は気持ちが離れかけたこともあったが、クラブ愛はおいそれと消えるものではない。 
 
小学校の低学年の頃からヤマハスタジアムに通い、気がつけばサックスブルーのユニフォームに憧れていた。中山雅史(現沼津)のゴールに歓喜し、黄金時代の磐田を見て育った。故郷を離れて約3年経っても、やはり心のクラブは特別だ。磐田のクラブハウスへ出向くと、幼少期にスタンドから眺めていたメンバーがずらりとそろっていた。トップチームには名波浩監督、鈴木秀人ヘッドコーチ、フロントには服部年宏強化部長がいる。

「小さい頃から見てきた選手たちが、みんないます。そんな人たちと一緒にできてうれしい」と感慨深そうに話す。

筑波大でひと回り大きくなったストライカーは早々に内定が決まり、胸を踊らせながらも、プロを見据えて、すぐに気を引き締めていた。「長所である動き出しの質をもっと上げていきたい。そこが通用しないとプロでやっていけない」。

磐田でのポジション争いはし烈なのは承知している。現在、頭角を現しつつあるU-20W杯を戦ったFW小川航基もライバルの1人になる。売り出し中のストライカーの名前にはすぐに反応。「今は意識しなくても、意識してしまうのかな」と対抗心を隠さない。1月27日に磐田から正式発表された今季の「内定1号」は、注目を浴びる大学ラストイヤーでの活躍を誓う。

「最初に内定したことで、周囲からのプレッシャーはあるけど、それに負けないくらいのプレーを見せたい」

点取り屋の口調は自信に満ちていた。

(取材・文◎杉園昌之)


Profile◎なかの・せいや/1995年7月23日生まれ。静岡県出身。磐田U-18から筑波大に入学。2016年度全日本大学選手権の最優秀選手。現4年。172㎝、67kg


※サッカーマガジン7月号掲載の大学支局を再構成し掲載しています。

This article is a sponsored article by
''.