画像1: 「U-20ワールドカップに見えた育成の課題」
画像2: 「U-20ワールドカップに見えた育成の課題」
画像3: 「U-20ワールドカップに見えた育成の課題」

 5月20日から6月11日にかけて韓国で開催された『Uー20ワールドカップ』。5大会ぶりにこの大会に出場したU-20日本代表は、グループステージを3位で突破したが、ベネズエラとラウンド16で対戦し、延長戦の末に0-1で敗れた。選手たちは、相手選手の走るスピードとパススピードの速さに戸惑った、と言う。果たして、その差をどのようにして埋めるのか? 『サッカークリニック』8月号(7月6日発売)では、この代表を追い続け、韓国でも取材した川端暁彦さんのリポートで育成における課題に迫る。
 なお、大会はイングランドが制している。
写真/gettyimages

画像4: 「U-20ワールドカップに見えた育成の課題」

This article is a sponsored article by
''.