新日本プロレス6月20日(火)東京・後楽園ホール大会の休憩前にビジョンで「G1 CLIMAX 27」(7・17札幌~8・13両国)出場メンバー20選手が発表された。出場選手は以下の通り。

▼棚橋弘至(16年連続16回目)
▼真壁刀義(14年連続14回目)
▼マイケル・エルガン(3年連続3回目)
▼オカダ・カズチカ(6年連続6回目)
▼後藤洋央紀(10年連続10回目)
▼石井智宏(5年連続5回目)
▼矢野通(11年連続12回目)
▼YOSHI-HASHI(2年連続2回目)
▼ケニー・オメガ(2年連続2回目)
▼バッドラック・ファレ(4年連続4回目)
▼タマ・トンガ(2年連続2回目)
▼内藤哲也(8年連続8回目)
▼SANADA(2年連続2回目)
▼EVIL(2年連続2回目)
▼小島聡(2年ぶり15回目)
▼永田裕志(19年連続19回目)
▼ジュース・ロビンソン(初出場)
▼鈴木みのる(3年ぶり7回目)
▼ザック・セイバーJr(初出場)
▼飯伏幸太(2年ぶり3回目)

 順番はビジョンで紹介された順。最後に飯伏の参戦が発表されると会場は大いに沸いた。飯伏はVTRでコメントで「自分の感情がコントロールできるのか。大爆発してしまうんじゃないか」と語っている姿も流された。
 なお、「G1 CLIMAX 27」のブロック分けは6・26後楽園、各大会の公式戦は6・27後楽園で発表される。

G1最終戦は両国国技館でおこなわれるのが通例。今年は8月13日(日)に開催されるがチケットは完売必至

This article is a sponsored article by
''.