画像: 「7対4」③ www.youtube.com

「7対4」③

www.youtube.com
画像: 「7対4」② www.youtube.com

「7対4」②

www.youtube.com
画像: 「7対4」① www.youtube.com

「7対4」①

www.youtube.com
画像: 「7対4」

『サッカークリニック』に掲載しているランデル・エルナンデス・シマルさんの『スペイン流の考えるトレーニングⅧ』。2017年3月号で取り上げている「7対4」の1つである「『4対4』+3フリーマン」の映像を紹介します(翻訳者である岡崎篤さんがスペインの子供をモデルに実施)。指導している子供たちと同じプレーでしょうか? それとも違いがありますか?

モデルは2005年生まれ(11歳)
1:「『4対4』+3フリーマン」
(「4対4」を外の2人、中の1人というフリーマンがサポート)

「目的に応じてグリッドのサイズは変えるべきでしょう。例えば、守備にフォーカスしたい場合は大きくします。撮影時は、チームとして『プレッシャーをかけるときの間合いの詰め方』をテーマにしていたので大きめのサイズにしました。『ボール扱いが覚束ない選手も多い』のも大きめにした理由でもあります。
 この練習では以下のことを選手に求めました。
攻撃:①ボールを持ったら広がり、パスコースをつくる②中央の選手を使いながら三角形をつくる③遠くを見る④相手に触られないボールの持ち方。
守備:方向づけし、連動して守る。
『ボールが外に出たらスローイン』というルールも入れました。スローインを苦手にする選手が多かったからです」(岡崎)

This article is a sponsored article by
''.