初心者向けの3球種を解説


 6月24日発売のソフトボール・マガジン8月号の特集テーマは『変化球の達人になる!』。巻頭カラーでは、NECプラットフォームズの浦野光史監督、選手の皆さんにご登場いただき、初心者に向けた「変化球講座」を開いていただきました。現役時代は、群馬教員クラブで何度も日本一に輝き、高校監督、日本リーグ監督、女子日本代表コーチと豊富な指導歴を誇る浦野監督の解説の下、ぜひ新球種にチャレンジしてみてくださいね。

 今回、紹介してくださったのは、「チェンジアップ」「ドロップ」「チェンジアップ」の3球種。握り方、リリースの仕方、体重のかけ方と順を追って解説していただいています。また、浦野監督にはプレーヤー、指導者という二つの目線からの変化球論も語っていただいているので、プレーヤーはもとより、指導者の皆さんも要チェックです!

画像: 初心者でも取り組みやすいチェンジアップ。打者のタイミングをずらすのに最適な球種だ

初心者でも取り組みやすいチェンジアップ。打者のタイミングをずらすのに最適な球種だ

画像: 打者の手元でストンと落ちるドロップ。主に打者の目線を変えるために投じられることが多い

打者の手元でストンと落ちるドロップ。主に打者の目線を変えるために投じられることが多い

画像: 打者の手元でフワッと浮き上がるライズボール。主に打者の目先を変えるために投じられることが多い

打者の手元でフワッと浮き上がるライズボール。主に打者の目先を変えるために投じられることが多い

画像: 現役時代は群馬教員クラブで何度も日本一に輝いた実績を持ち、高校、日本リーグ、女子日本代表と豊富な指導歴を誇る浦野監督。

現役時代は群馬教員クラブで何度も日本一に輝いた実績を持ち、高校、日本リーグ、女子日本代表と豊富な指導歴を誇る浦野監督。

This article is a sponsored article by
''.