土俵上ではどちらかというと体の小さい印象の嘉風関。
持ち味であるスピード勝負で上位陣をも圧倒し、同じくスピードと技が光る横綱・日馬富士の眼底骨を骨折させたこともある恐るべき力士である。
先場所では初日から大人気横綱・稀勢の里を破り、技能賞も獲得した。
横綱キラーの嘉風関は、どんなトレーニングをしているのだろうか。
(インタビューの模様は、8/12発売の『トレーニングマガジンVol.52』に掲載予定)

トレーニング器具が一新された尾車部屋のトレーニングルームにて、ワンポーズ!©BBM

尾車部屋 トレーニング器具を一新!

尾車部屋には、4階にトレーニングルームが完備されている。
しかもつい先日、部屋のトレーニング器具を一式買い替えたとのこと。
パワーラックからベンチまで、すべてピカピカの新品だ。

可変式でスペースをとらないのが長所のパワーブロック ©BBM

パワーブロックも新たに導入。
MAXは約40kgだが(上写真)、嘉風関はこれを片手に1つずつ持ち、軽々とトレーニングをこなす。

ふくらはぎの太さは遺伝!?

ご自身自慢の部位は、このふくらはぎ。
「父親からの遺伝もあるかも」とのことだが、この盛り上がりはハンパない。
間近で見ると、その発達度合いがよくわかる。

マッチョ好きのマ○コさんも惚れたカーフ ©BBM

自身曰く「デッドリフトとベンチプレスが好き」
下半身の筋肉には自信がある様子だ(上半身も十分すごいのだが…)。

小さくても、速くてうまくて気迫あふれる印象の嘉風関だが、近くで見ると想像以上に大きく、また、体と同じくらい心の大きな関取でもあった。

7/9から始まる名古屋場所(7/9~23)。
嘉風関は東の小結として15日間に挑む。
昨今の爆発的な相撲人気でチケットは入手困難だが、嘉風関の奮闘を応援していただきたい。

This article is a sponsored article by
''.