新日本プロレス「KIZUNA ROAD 2017」
★6月26日(月)東京・後楽園ホール(観衆1305人)

①10分1本勝負
△海野翔太(時間切れ引き分け)八木哲大△
②10分1本勝負
△岡倫之(時間切れ引き分け)北村克哉△
③20分1本勝負
○金丸義信&タイチ&TAKAみちのく(8分56秒、片エビ固め)獣神サンダー・ライガー&タイガーマスク&川人拓来●
※ディープインパクト
④20分1本勝負
後藤洋央紀&石井智宏&○矢野通&邪道(9分44秒、横入り式エビ固め)天山広吉&小島聡&永田裕志&中西学●
⑤30分1本勝負
デイビーボーイ・スミスJr&○エル・デスペラード(9分39秒、体固め)オカダ・カズチカ&外道●
※ピンチェ・ロコ

ロスインゴvsタグチジャパン
⑥30分1本勝負
内藤哲也&SANADA&○EVIL&BUSHI&高橋ヒロム(12分30秒、Banshee Muzzle)棚橋弘至&真壁刀義&ジュース・ロビンソン&田口隆祐&デビッド・フィンレー●

画像: リニューアルしたインターコンチのベルトを巻いて入場した棚橋

リニューアルしたインターコンチのベルトを巻いて入場した棚橋

画像: 棚橋を救出した監督はSANADAにお株を奪うパラダイスロックを仕掛けるも…

棚橋を救出した監督はSANADAにお株を奪うパラダイスロックを仕掛けるも…

画像: フィンレーをBansheeMuzzleで仕留めたEVILはG1に向けて「世界で一番、熱くて、ダークネスな夏を見せてやるよ」とコメント

フィンレーをBansheeMuzzleで仕留めたEVILはG1に向けて「世界で一番、熱くて、ダークネスな夏を見せてやるよ」とコメント

鈴木がNEVER無差別級防衛!
⑦NEVER無差別級選手権試合(60分1本勝負)
<王者>○鈴木みのる(26分13秒、体固め)YOSHI-HASHI●<挑戦者>
※ゴッチ式パイルドライバー。第16代王者が2度目の防衛に成功

画像: 大声援をうけたYOSHI-HASHIはバタフライロックで絞り上げるもあと一歩及ばず。「次、G1で去年以上の実績を残して必ずベルトを取る。それまであきらめられない」と前向きなコメント

大声援をうけたYOSHI-HASHIはバタフライロックで絞り上げるもあと一歩及ばず。「次、G1で去年以上の実績を残して必ずベルトを取る。それまであきらめられない」と前向きなコメント

画像: 十八番で防衛に成功した鈴木はG1制覇宣言。「入ってこいよ、オレとの闘いの輪の中に。遊ぼうよ、オレと一緒に。命削ってさ」

十八番で防衛に成功した鈴木はG1制覇宣言。「入ってこいよ、オレとの闘いの輪の中に。遊ぼうよ、オレと一緒に。命削ってさ」

G1ブロック分けは以下
【Aブロック】
◆棚橋弘至(16年連続16回目/07&15年優勝)
◆真壁刀義(14年連続14回目/09年優勝)
◆石井智宏(5年連続5回目)
◆後藤洋央紀(10年連続10回目/08年優勝)
◆YOSHI-HASHI(2年連続2回目)
◆バッドラック・ファレ(4年連続4回目)
◆永田裕志(19年連続19回目/01年優勝)
◆ザック・セイバーJr(初出場)
◆飯伏幸太(2年ぶり3回目)
◆内藤哲也(8年連続8回目/13年優勝)

【Bブロック】
◆オカダ・カズチカ(6年連続6回目/12&14年優勝)
◆矢野通(11年連続12回目)
◆小島聡(2年ぶり15回目/10年優勝)
◆マイケル・エルガン(3年連続3回目)
◆ジュース・ロビンソン(初出場)
◆タマ・トンガ(2年連続2回目)
◆SANADA(2年連続2回目)
◆EVIL(2年連続2回目)
◆鈴木みのる(3年ぶり7回目)
◆ケニー・オメガ(2年連続2回目/16年優勝)

今大会の試合詳細、バックステージコメントは以下のサイトを参照してください。

This article is a sponsored article by
''.