きょうも朝から晩まで「全日本」で有明にいました。
女子シングルス準決勝は中村藍子選手が藤原里華選手を、
波形純理選手が岡本聖子選手を下してそれぞれ決勝に進出しました。
両選手の記者会見での表情をどうぞ。

画像: 「今年は一戦一戦、集中できています!」と中村選手。

「今年は一戦一戦、集中できています!」と中村選手。

画像: 「明日は相手というよりも自分ですね」と波形選手。

「明日は相手というよりも自分ですね」と波形選手。

ふたりは過去に一度、インターハイで対戦したことがあるそうです。
6-3、6-3で中村選手が勝ったそうですが、さて今回は?
明日の決勝は11時、有明コロシアムにて!

男子準々決勝では、第2シードの添田豪選手と第3シードの岩渕聡選手が敗れました。
岩渕選手を下したのは、まだ19歳の伊藤竜馬選手。
ファイナル5-1から5-5と追いつかれてどうかなと思ったんですが、
「気持ちは切れてなかったので」と、そこから崩れず踏ん張りました。
岩渕選手は3連覇ならず。5-5に追いついたときの「カモン!」にはしびれましたけどね。

そして今年こそタイトルを獲らせてあげたかった添田選手ですが、
同じミキプルーンの權伍喜選手にストレート負け。
いや、これは添田選手が全日本の重圧に負けたとかではなく、
權(クォン)選手が完全に添田選手のテニスを封じ込んだ試合でした。うまかった。
速い展開が得意な添田選手をスローペースに誘い込む絶妙のテク。
添田選手曰く、「まいりましたという感じ」。
權選手って、打てるのに打たないんですよね。
私って、打てないのに打つんですが。
恐るべし、權!

その權選手は明日、伊藤選手と対戦します。これまた楽しみ。
そしてもう一方の準決勝は鈴木貴男選手×松井俊英選手。
おおっ、テニス界の「タカアンドトシ」対決! 欧米かっ! じゃなくて、全日本かっ!

(テニスマガジン編集長・マッキーのぐうたらDIARY)

This article is a sponsored article by
''.