きょうはAIGオープン2日目、
編集部員が有明に足を運ぶ中、私はお台場のメリディアンへ直行!
現在発売中、人気のヨネックス『RQis1ツアー』の取材で、
レイトン・ヒューイット選手に会ってきました。カモン、レイトン!

画像: ゴー、メリディアン、カモン、レイトン!

試合中は神経質そうに見えるレイトンですが、本当は実に気さく。
「ハウ、ドー、ユー、ドー、レイトン、サンキュー、ナイスベリーマッチ」という、
私のわけのわからないあいさつにも、「イェー、イェー」と言って握手をしてくれました。
涙。というか、お前の英語力に涙だよ。

パワーとコントロール性を併せ持つニューラケット『RQis1ツアー』。
ヒンギスも、USオープン後の中国から、同シリーズの『RQis2ツアー』を使っています。
ヨネックスに帰ってきたヒンギス。浮気ってのは、するもんじゃないよ……。

このラケットに賭けるレイトンの想いは次号600号にてお伝えします。
そして何と!
インタビュー後にラケットに快くサインをしてくれたレイトン。
読者プレゼント限定1名様。ご希望の方は次号のこのページを必見!

テニスマガジン12月号は600号記念特大号
10月20日に発売!

(テニスマガジン編集長・マッキーのぐうたらDIARY)

This article is a sponsored article by
''.