日本選手権後の世界選手権参加標準記録として認める指定競技会。ここから世界の扉を開く選手は…

7月9日に北海道・厚別公園競技場で行われる第30回南部忠平記念陸上競技大会の出場者が日本陸連より発表された。この大会は下記の種目で日本陸連が定めるロンドン世界選手権の選考指定大会。ここで参加標準記録を突破すれば、第2次代表選手発表で選考される可能性がある。指定種目の出場者は以下の通り。
(種目の後ろのカッコ内は世界選手権参加標準記録と残り代表枠。氏名の後ろのカッコ内は所属、所属後ろの※は代表決定済みの選手)

男子
200m(20秒44:残り代表枠1)
飯塚 翔太(ミズノ※)
藤光 謙司(ゼンリン)
高平 慎士(富士通)
橋元 晃志(富士通)
猶木 雅文(大阪ガス)
松久  新(中央大学)

400m(45秒50:残り代表枠2)
金丸 祐三(大塚製薬)
木村 和史(四電工)
佐藤拳太郎(富士通)
田村 朋也(住友電工)
堀井 浩介(住友電工)
三原 泰起(甲南大学)
小渕 瑞樹(東海大学)
木村  淳(大阪ガス)
井上 大地(東京高校)
小堀  凌(札幌大学)
森  周志(北海道栄高校)
中川雄一朗(国士舘大学)
石井 祐太(フロスト札幌)
梅内僚多郎(北海高校)

400mH(49秒35:残り代表枠2)
野澤 啓佑(ミズノ)
前野  景(ドーム)
松下 祐樹(ミズノ)
鍛冶木 峻(城西大学)
吉田 和晃(大阪ガス)
石田 裕介(早稲田大学)
舘野 哲也(日立産機システム)
宮尾幸太郎(IseA.Lab)
水野 龍彦(札幌国際大学)
井上 大海(東京高校)
三浦  学(ALL)
小野寺将太(旭川大学高校)
平村 太幹(中央大学)
朱田 康平(東海大学北海道)

棒高跳(5m70:残り代表枠1)
澤野 大地(富士通)
山本 聖途(トヨタ自動車※)
山本 智貴(日体大AC)
右代 啓祐(スズキ浜松アスリートクラブ)
西田  翔(北海道教育大岩見沢校)
近藤 城主(北翔大学)

走幅跳(8m15:残り代表枠3)
菅井 洋平(ミズノ)
橋岡 優輝(日本大学)
山川 夏輝(日本大学)
小西 康道(白樺AC)
小田 大樹(日本大学)
大岩 雄飛(スポウエルアスリートクラブ)
橋本 尚弥(国際武道大学)
外川 天寿(国際武道大学)
秋山 魁杜(国際武道大学)
秋山 翔飛(国際武道大学)
河瀬 遙紀(東海大学北海道)

三段跳(16m80:残り代表枠2)
長谷川大悟(横浜市陸協 )
山下 航平(福島陸協)
花谷  昴(ユメオミライ)
山下 祐樹(国士舘大学)
黒田 寛亮(日立ICT)
中山 昴平(中京大学)
今井 俊彰(STAC)
内澤  駿(流通経済大学)
吉田 智也(国際武道大学)
玉置真希人(帯広農業高校 )
嵯峨 和哉(札幌陸協)

やり投(83m00:残り代表枠3)
新井 涼平(スズキ浜松アスリートクラブ)
ディーン元気(ミズノ)
小南 拓人(国士舘大学)
新垣 暁登(日立ICT)
寒川建之介(奈良陸協)
石井 敦也(札幌大学)
益井 康臣(北翔大学)
吉岡 諒亮(流通経済大学)
中島 知明(道体アスリート)

女子
100m(11秒26:残り代表枠3)
福島 千里(札幌陸協)
和田 麻希(ミズノ)
エドバーイヨバ(日本大学)
藤森 安奈(As-meエステール)
島田 雪菜(北海道ハイテクAC)
君嶋愛梨沙(日本体育大学)
永野真莉子(デンソー)
鈴木くるみ(旭川龍谷高校)
福田 真衣(日本体育大学)
井越 朱梨(恵庭北高校)
町井 愛海(恵庭北高校)
床  杏莉(恵庭北高校)
御家瀬 緑(恵庭北高校)

100mH(12秒98:残り代表枠3)
相馬絵里子(スターツ)
村岡 柊有(恵庭北高校)
玉置菜々子(札幌啓成高校)
榎本野々花(釧路江南高校)
四村かなで(函館工業高校)
岡室 咲良(遺愛女子高校)
芝田 愛花(恵庭南高校)

走幅跳(6m75:残り代表枠3)
平加有梨奈(ニッパツ)
町井 愛海(恵庭北高校)
御家瀬 緑(恵庭北高校)
小玉 葵水(白樺学園高校)

やり投(61m40:残り代表枠3)
海老原有希(スズキ浜松アスリートクラブ)
北口 榛花(日本大学)
斉藤真理菜(国士舘大学)
森  友佳(東大阪陸協)
右代 織江(新潟アルビレックスランニングクラブ)
山本 妃那(北海道教育大岩見沢校)
宮田樹莉亜(苫小牧総合経済高校)
平川 菜月(札幌大学)

※男子100m、110mHも開催されるがすでに3名選出されているため第2次追加選考は無い。

This article is a sponsored article by
''.