画像: サンウルブズ戦のハンディは35? ライオンズは主将離脱も南ア代表ズラリ

サンウルブズ戦のハンディは35? ライオンズは主将離脱も南ア代表ズラリ

スポーツを賭けの対象とする海外の某大手ブックメーカーは、7月1日に南アフリカのジョハネスバーグ(エミレーツエアライン・パーク)でおこなわれるスーパーラグビー試合のオッズを、ライオンズ「1.004倍」、サンウルブズ「26倍」とした。ほぼ間違いなくライオンズが勝つだろうとみている。ハンディキャップは35。それくらいの点差がつくのではないか、と。
現在1勝11敗で2年連続最下位になる可能性がある日本チームと、12勝1敗ですでにアフリカ第2カンファレンス1位を決めスーパーラグビー初優勝へ向けプレーオフを控える南アチームでは、実力差も勢いも、大きく違うのかもしれない。
ライオンズは、主将と昨年大ブレイクした若いCTBを欠く。南ア代表のキャプテンでもある大黒柱のNO8ワーレン・ホワイトリーは、6月のテストシリーズ期間中に痛めていた骨盤が悪化し、全治6~8週間と診断され、レギュラーシーズンの残り試合だけでなくプレーオフ出場も絶望的となった。4月中旬に膝を手術した22歳のCTBローアン・ヤンセ・ファンレンズバーグは復帰間近だが、まだサンウルブズ戦でプレーできる状態ではない。
しかしそれ以外は、スターターのほとんどが6月はスプリングボックス(南ア代表)または南アA代表でプレーした選手たちで、最強布陣でサンウルブズ戦に臨む。
ホワイトリー主将の代わりにチームをけん引するのは南ア代表8キャップのFLヤコ・クリエル。グリーン&ゴールドジャージーの10番をつけるSOエルトン・ヤンチースも先発で、同じくスプリングボックスのHOマルコム・マークス、PRルアン・ドレイヤー、LOフランコ・モスタート、SHロス・クロニエ、WTBコートナル・スコーサン、WTBルアン・コンブリンク、CTBライオネル・マプー、FBアンドリース・クッツェーもスターティングメンバーに名を連ねた。
NO8には南アA代表のルアン・アッカルマンが入り、長くセブンズで活躍しリオ五輪で銅メダルを獲得したクワッガ・スミスが7番をつける。
<ライオンズ (第15節・サンウルブズ戦) 試合登録メンバー>
1.Jacques van Rooyen 2.Malcolm Marx 3.Ruan Dreyer 4.Andries Ferreira 5.Franco Mostert 6.Jaco Kriel 7.Kwagga Smith 8.Ruan Ackermann 9.Ross Cronje 10.Elton Jantjies 11.Courtnall Skosan 12.Harold Vorster 13.Lionel Mapoe 14.Ruan Combrinck 15.Andries Coetzee
〔リザーブ〕
16.Akker van der Merwe 17.Corne Fourie 18.Johannes Jonker 19.Lourens Erasmus 20.Cyle Brink 21.Faf de Klerk 22.Jacques Nel 23.Sylvian Mahuza
【関連記事】
松田力也ベンチ入りでサンウルブズデビューへ! ワイクスはSR100試合目

rugby-rp.com

This article is a sponsored article by
''.