画像: アメリカがカナダを倒し2019W杯出場権獲得! クレバー主将は笑顔で引退

アメリカがカナダを倒し2019W杯出場権獲得! クレバー主将は笑顔で引退

アメリカ代表“イーグルス”が、ラグビーワールドカップ2019日本大会の出場権を獲得した。北米のライバルであるカナダ代表との予選、アウェイでの第1戦は28-28で引き分け、現地時間7月1日に地元サンディエゴでおこなわれた第2戦を52-16で制し、トータル成績でイーグルスの予選突破が決まった。アメリカ地区第1代表となったUSAイーグルスは、2019年ワールドカップではイングランド、フランス、アルゼンチン、そしてオセアニア地区2位チームと一緒のプールCに入る。
敗れたカナダは、アメリカ地区第2代表の座をかけて、南米予選を勝ち上がってきたウルグアイとのプレーオフにまわることとなった。
アメリカは前半9分、SOのAJ・マギンティがブレイクしたあと次々とボールをつなぎ、NO8キャム・ドーランが先制。15分にはブレイクダウンのターンオーバーからたたみかけ、ドーランの連続トライで主導権を握った。21分にはラインアウト後にNO8ドーランが突破してオフロードで味方のLOにつなぎ、リードを拡大。
前半終了前にイエローカードを出され数的不利となったアメリカは、19-9で迎えた後半の立ち上がりにカナダにゴールラインを割られたが、許したトライはその1本のみ。
19-16と点差を詰められたものの、この試合を最後に代表から引退することを決めていた34歳のイーグルス歴代最多キャップ保持者、FLトッド・クレバー主将(かつてサントリー、NTTコムでもプレー)を中心にまとまり、54分、61分とモールで押し込み得点を重ねた。アメリカの勢いは止まらず、さらに3トライを加え快勝し、熱い声援を送ったファンと一緒にワールドカップ出場権獲得を喜んだ。
ちなみに、昨年1月からアメリカ代表を強化してきたジョン・ミッチェル ヘッドコーチ(元ニュージーランド代表HC)は、ブルーブルズ(南アフリカ)のエグゼクティブに新任するため、この試合をもって現職を退任する。アメリカ代表の新しい指揮官候補には、かつてU19南ア代表やライオンズ(南アフリカ)のヘッドコーチを務め、現在はアメリカ・テキサス州のクラブチームで指導をしているユージン・エロフらの名前が挙がっている。
2003年からアメリカ代表でプレーしてきたトッド・クレバー。
最後に大仕事をやり遂げた(Photo: Getty Images)

rugby-rp.com

This article is a sponsored article by
''.