画像: 大会連覇を狙う市立船橋ら、昨年度ベスト8の都道府県代表は2回戦から登場する

大会連覇を狙う市立船橋ら、昨年度ベスト8の都道府県代表は2回戦から登場する

6日間で54試合の熱戦が展開

7月28日から宮城県で開催される全国高校総合体育大会サッカー競技大会(インターハイ)の組み合わせが決まった。28日の開会式を皮切りに、29日に1回戦23試合、30日に2回戦16試合など、6日間で全54試合が行なわれる。前年度優勝の市立船橋や、準優勝の流通経済大柏、開催地宮城県代表の仙台育英といった9校は2回戦から登場する。

1、2回戦の対戦は以下の通り。

【1回戦】7月29日

実践学園(東京②)vs遠野(岩手)
名経大高蔵(愛知②)vs立正大淞南(島根)
市立長野(長野)vs鹿島学園(茨城)
佐賀東(佐賀)vs尚志(福島)
高川学園(山口)vs市立尼崎(兵庫)
徳島市立(徳島)vs長崎総科大附(長崎)
富山一(富山)vs日章学園(宮崎)
東北学院(宮城②)vs浦和西(埼玉②)
京都橘(京都)vs帝京大可児(岐阜)
東海大相模(神奈川①)vs大谷室蘭(北海道①)
三重(三重)vs前橋育英(群馬)
明徳義塾(高知)vs東福岡(福岡)
日大藤沢(神奈川②)vs一条(奈良)
帝京三(山梨)vs那覇西(沖縄)
初芝橋本(和歌山)vs岡山学芸館(岡山)
柳ヶ浦(大分)vs旭川実(北海道②)
星稜(石川)vs四学香川西(香川)
中京大中京(愛知①)vs真岡(栃木)
済美(愛媛)vs神村学園(鹿児島)
山形中央(山形)vs関東一(東京①)
丸岡(福井)vs秋田商(秋田)
阪南大高(大阪②)vs日本文理(新潟)
近江(滋賀)vs東海大星翔(熊本)

編集部選定注目対戦5選(1回戦)

・市立長野vs鹿島学園
J2湘南入りが内定しているFW新井光を擁する市立長野。前回ベスト16で、今季はプリンスリーグ関東を戦う鹿島学園を相手に、昨年度は叶わなかった1回戦突破を狙う。

・東北学院vs浦和西
地元宮城県の第2代表として、17年ぶりの出場となる東北学院。初戦では、30年ぶりの出場を果たした、西野朗氏(現JFA技術委員長)らの母校としても知られる浦和西と相対する。

・三重vs前橋育英
3年ぶりの出場となる前橋育英は、FW飯島陸やDF松田陸ら、2年生からレギュラーとして出場し、昨年度の高校選手権準優勝を知るメンバーが主体。2年連続出場の三重から初戦白星なるか。

・丸岡vs秋田商
今大会で最多の33回目の出場となる秋田商と、それに次ぐ30回目の全国を戦う丸岡。1回戦で実現した伝統校同士の一戦は、どちらに軍配が上がるか。

・阪南大高vs日本文理
プレミアリーグWESTで、西日本の強豪チームとしのぎを削る阪南大高。初戦では群雄割拠の新潟県予選を初めて勝ち上がった日本文理と対戦する。

【2回戦】7月30日

流通経済大柏(千葉①)vs[実践学園vs遠野の勝者]
[名経大高蔵vs立正大淞南の勝者]vs[市立長野vs鹿島学園の勝者]
[佐賀東vs尚志の勝者]vs[高川学園vs市立尼崎の勝者]
[徳島市立vs長崎総科大附の勝者]vs東海大仰星(大阪①)
米子北(鳥取)vs[富山一vs日章学園の勝者]
[東北学院vs浦和西の勝者]vs[京都橘vs帝京大可児の勝者]
[東海大相模vs大谷室蘭の勝者]vs[三重vs前橋育英の勝者]
[明徳義塾vs東福岡の勝者]vs青森山田(青森)
昌平(埼玉①)vs[日大藤沢vs一条の勝者]
[帝京三vs那覇西の勝者]vs[初芝橋本vs岡山学芸館の勝者]
仙台育英(宮城①)vs[柳ヶ浦vs旭川実の勝者]
[星稜vs四学香川西の勝者]vs静岡学園(静岡)
広島観音(広島)vs[中京大中京vs真岡の勝者]
[済美vs神村学園の勝者]vs[山形中央vs関東一の勝者]
[丸岡vs秋田商の勝者]vs[阪南大高vs日本文理の勝者]
[近江vs東海大星翔の勝者]vs市立船橋(千葉②)

編集部選定注目対戦5選(2回戦)

・流通経済大柏vs[実践学園vs遠野の勝者]
昨年度準優勝の流通経済大柏は、千葉県予選を優勝して全国へ進んだ。DF関川郁万らを中心とした強固な守備をベースに日本一への第一歩を踏み出せるか。

・[徳島市立vs長崎総科大附の勝者]vs東海大仰星
4年連続出場の徳島市立と、U-19日本代表FW安藤瑞季を擁する長崎総科大附の勝者が、昨冬の全国選手権4強の東海大仰星と激突する。

・[明徳義塾vs東福岡の勝者]vs青森山田
昨年度2冠の青森山田は、唯一手に入れられなかったインターハイのタイトルと狙う。明徳義塾対東福岡の勝者と対戦する2回戦は、今大会屈指の好カードとなること必至だ。

・仙台育英vs[柳ヶ浦vs旭川実の勝者]
開催地宮城県の第1代表として2回戦から登場する仙台育英。昨年度1回戦敗退の悔しさをバネに、地元での優勝へ突き進みたい。一方、柳ヶ浦と旭川実は、初戦を制した勢いで連勝なるか。

・[近江vs東海大星翔の勝者]vs市立船橋
昨年度王者の市立船橋の初戦は、強豪ひしめく県予選を勝ち抜いた2校の勝者と対戦する。実力校を退け、9年ぶりの大会連覇へとまい進できるか。

大会日程

開会式:7月28日(金)
1回戦:7月29日(土)
2回戦:8月30日(日)
3回戦:7月31日(月)
準々決勝:8月2日(水)
準決勝:8月3日(木)
決勝:8月4日(金)ユアテックスタジアム仙台

女子の組み合わせも決定!

7月31日からは女子も開幕する。気になる1回戦の対戦カードはこちら!

http://www.bbm-japan.com/_ct/17094455

This article is a sponsored article by
''.