画像: V1戦決定の久保(中央)と、8月下旬に福原に挑む山中(右)。左は山下正人会長

V1戦決定の久保(中央)と、8月下旬に福原に挑む山中(右)。左は山下正人会長

 

取材&写真_拳生

 WBA世界スーパーバンタム級チャンピオン、久保隼(真正)が9月3日(日)、島津アリーナ京都で初防衛戦に臨むことが発表された。挑戦者は同級2位のダニエル・ローマン(メキシコ)。

「いつもどおりの試合の準備をして、試合を迎えたい」(久保)

 また、その前週8月27日(日)に、熊本県・芦北町民総合センター「しろやまスカイドーム」でWBO世界ミニマム級チャンピオン、福原辰弥(本田フィットネス)に挑戦する同級1位、山中竜也(真正)も会見に出席。

「必ず勝って、久保さんにつなげたい」(山中)

 なお、久保のセミファイナルにはOPBF(東洋太平洋)ライト級王者・中谷正義(井岡)のV8戦(vs.ライヤン・セルモナ=フィリピン)、日本ミニマム級王者・小西伶弥(真正)対1位・小野心(ワタナベ)もセットされている。

This article is a sponsored article by
''.