7月6日~9日、インド・ブバネシュワールにて第22回アジア選手権が開催される。
ロンドン世界選手権の指定選考会でもある本大会、新たに代表に名乗りを上げるは誰か。

アジアのトップを決める今大会には、男女54名の代表が選出された。
優勝者はロンドン世界選手権の参加標準記録突破と同等の資格を有する。
新たな代表選手決定という朗報を期待したい。代表選手は以下の通り。

男子(22名)
100m
九鬼  巧(NTN)
200m
谷口 耕太郎(凸版印刷)
800m
市野 泰地(新潟アルビレックスRC)
川元  奨(スズキ浜松AC)
1500m
井上 弘也(上武大4年)
3000mSC
山口 浩勢(愛三工業)
110mH
高山 峻野(ゼンリン)
110mH
矢澤  航(デサントTC)
400mH
小西 勇太(住友電工)
走高跳
中島 大輔(日大4年)
髙張 広海(日立ICT)
棒高跳
江島 雅紀(日大1年)
走幅跳
下野 伸一郎(九電工)
城山 正太郎(ゼンリン)
砲丸投
中村 太地(チームミズノ)
畑瀨  聡(群馬綜合ガードシステム)
円盤投
湯上 剛輝(トヨタ自動車)
米沢 茂友樹(オリコ陸上部)
ハンマー投
木村 友大(九州共立大3年)
柏村 亮太(ヤマダ電機)
十種競技
川崎 和也(Team AcceL)
清水 剛士(NTN)
女子(32名)
100m
中村 水月(大阪成蹊大4年)
前山 美優(新潟医福大4年)
4×100mR
西尾 香穂(甲南大2年)
200m
市川 華菜(ミズノ)
400m
青山 聖佳(大阪成蹊大3年)
800m
大森 郁香(ロッテ)
池崎 愛里(順大1年)
1500m
陣内 綾子(九電工)
田中 希実(西脇工高3年)
5000m
小井戸 涼(日立)
10000m
松田 瑞生(ダイハツ)
堀  優花(パナソニック)
3000mSC
佐藤 奈々(スターツ)
100mH
紫村 仁美(東邦銀行)
木村 文子(エディオン)
400mH
青木 沙弥佳(東邦銀行)
吉良 愛美(アットホーム)
走高跳
秦 澄美鈴(武庫川女大3年)
仲野 春花(早大3年)
棒高跳
我孫子 智美(滋賀レイクスターズ)
竜田 夏苗(ニッパツ)
走幅跳
清水 珠夏(城北信用金庫)
走幅跳/三段跳
桝見 咲智子(九電工)
三段跳
宮坂  楓(ニッパツ)
砲丸投
太田 亜矢(福岡大4年)
砲丸投/円盤投
郡 菜々佳(九州共立大2年)
円盤投
中田恵莉子(四国大職)
ハンマー投
勝山 眸美(オリコ陸上部)
渡邊  茜(丸和運輸機関)
やり投
宮下 梨沙(大体大T.C)
七種競技
ヘンプヒル恵(中大3年)
宇都宮絵莉(長谷川体育施設)

※女子4×100mR、女子4×400mRはエントリー予定
※下記5名は欠場
 ・男子200m:原 翔太(スズキ浜松AC)
 ・男子400m:北川 貴理(順大3年)、ウォルシュ・ジュリアン(東洋大3年)
 ・男子400mH:岸本 鷹幸(富士通)
 ・男子やり投:長谷川 鉱平(福井陸協)

This article is a sponsored article by
''.